FIFAワールドカップカタール2022・グループE第1節が23日に行われ、FIFAランキング24位日本は同11位のドイツと対戦。前半を0−1で折り返した。

■ギュンドアンが先制PK沈める

グループステージの初戦となったこの試合、森保一監督率いる日本は[4-2-3-1]のフォーメーションで久保建英や鎌田大地、遠藤航らが先発。対するハンジ・フリック監督率いるドイツも[4-2-3-1]の布陣でヨシュア・キミッヒやジャマル・ムシアラ、トーマス・ミュラーらがスターティングメンバーに名を連ねた。

日本は序盤から前田大然、鎌田、久保ら前線が積極的にプレスを掛けていく展開。ドイツは立ち上がりから縦に速いパス回しで押し込んでいく。前半7分、日本は中盤でボールを奪った遠藤航の守備から鎌田、伊東純也と素早くつなぎ、折り返したボールを前田がネットを揺らすもオフサイドに終わる。

前半10分を過ぎ、ドイツが試合をコントロールしポゼッションを高めていく。日本はラインが全体的に下がり、右の伊東や左の久保が守勢に回る時間が増え、我慢を強いられていく。その後も日本がカウンターを伺い、押し込んでくるドイツ相手に苦戦する展開に。前半28分、ダビド・ラウムの左からのクロスを権田修一が防ぎ、こぼれ球をイルカイ・ギュンドアンが狙うが、日本守備陣がブロックしピンチを防ぐ。

前半30分、ドイツはペナルティエリア内でボールを受けたラウムを権田が倒し判定はPKに。これをギュンドアンが沈めてドイツが先制する。その後も守勢に回った日本は1点のビハインドを許し後半へ臨むこととなった。

文●SPREAD編集部