サッカー日本代表は、27日に行われるFIFAワールドカップカタール2022・グループE第2節でFIFAランキング31位のコスタリカと対戦する。初戦でドイツ相手に劇的な逆転勝ちを収め、勝ち点3スタートを切った日本にとって、コスタリカ戦は決勝トーナメント進出をかけた、より重要度が増した一戦といえる。

■ドイツ戦途中交代の酒井は欠場濃厚

日本がコスタリカ相手に求められるのは勝ち点3だ。

ドイツに勝利したことでグループステージを戦う上で優位に立ったのは間違いないが、初戦でコスタリカ相手に7−0の大勝劇を収めたスペインとの一戦を3試合目に残していることもあり、力関係を考えた上で、日本が優位に立てるコスタリカを相手に確実に勝利を収められるかが、決勝トーナメント進出に向けカギを握る。

そんな中で焦点となってくるのが先発メンバーの人選。ドイツとの激闘を経て迎えるコスタリカ相手に、森保一監督がターンオーバーをどのくらい敷いてくるかはポイントとなる。もともと指揮官は過密日程を見越しての選手入れ替えを示唆してきた。前半に押し込まれたドイツ戦や、ポゼッションを得意とするスペイン戦とは異なり、日本がボールを支配することが想定できるコスタリカ相手には、戦術的にもフレッシュさを求める意味でもメンバー変更は考えられる。

ドイツ戦で途中交代した右SBの酒井宏樹は欠場が濃厚で、山根視来が代役候補に挙がる。攻撃面で持ち味を発揮できる山根はコスタリカを相手に押し込む展開が続くことになれば、その特徴がより引き出されるはず。また、長友佑都が初戦に先発した左SBは、空中戦に強く、精度の高いフィードが武器の伊藤洋輝の抜擢が考えられる。ドイツのシュツットガルトで経験を積んできた伊藤は長友とは異なる長所で貢献できる選手で、攻守においてのセットプレー対策でもその持ち味が活きる。

■中盤から前線はフレッシュな面々か

そして、中盤から前線にかけての人選も、チーム全体のコンディションを維持し、かつ勝利が求められる中では重要度が増す。ボランチでは左ふくらはぎの違和感で出遅れていた守田英正の復帰はあるか。ドイツ戦で傑出したパフォーマンスを見せた遠藤航と守田のコンビは、9月の欧州遠征で日本の心臓として機能していた。日本を支えるキーマンとして、ポルトガルのスポルティングで評価を高めたMFが戻って来られるかは、今後の日本を占う意味でも大きい。

そして2列目から前線の人選は、ドイツ戦の消耗による影響と、カウンターを得意とするコスタリカとの嚙み合わせを考えてもターンオーバーは現実的な選択肢となり得る。ドイツ戦で途中出場から得点に絡んだ堂安律南野拓実、出番のなかった上田綺世相馬勇紀といった面々は、虎視眈々と先発の座を狙っているだろう。三笘薫浅野拓磨といった選手たちもジョーカーとして起用が考えられ、鎌田大地をボランチとして起用するプランもある。また、ドイツ戦の後半に効果を発揮した[3-4-2-1]というオプションもあり、選手起用とともに森保監督の状況に応じた戦術変更も、ドイツ戦と同様に勝敗の行方を左右するだろう。

ドイツ戦の劇的勝利で一気に流れを引き寄せ、グループリーグの戦いで優位に立った森保ジャパン。しかし、初戦で大敗を喫したコスタリカが目の色を変えて日本に挑んでくることは確実で、戦前の予想が意味をなさないことは日本の初戦をみても明らかだ。ドイツ戦では劣勢から強気の采配で流れを引き寄せた森保監督が、日本のW杯を通した戦いを左右するコスタリカ相手にどのような11人を送り込み、戦術を仕掛けてくるのか。その戦い方には注目が集まる。

■日本のコスタリカ戦予想先発メンバー

GK 権田修一(清水エスパルス) DF 山根視来(川崎フロンターレ) 吉田麻也(シャルケ) 板倉滉(ボルシアMG) 伊藤洋輝(シュツットガルト) MF 遠藤航(シュツットガルト) 守田英正(スポルティングCP) 堂安律(フライブルク) 南野拓実(モナコ) 相馬勇紀(名古屋グランパス) FW 上田綺世(セルクル・ブルッヘ)

◆なぜ“ぶっつけ本番”の超攻撃的3バックは驚くほど機能したのか? ドイツ撃破が奇跡ではなく必然の理由

文●井本佳孝(SPREAD編集部)