ヤクルトが20年ぶりの日本一に輝いた2021年のプロ野球。前年最下位から一気に頂点に輝いた大きな要因となったのが、高卒2年目の奥川恭伸のブレイクだ。パ・リーグを制したオリックスにも、奥川と同い年で大きく飛躍した宮城大弥の存在があった。

チームの情勢を一変させる可能性もある来季の「ブレイク候補投手」を探してみる。

村上頌樹(阪神)

筆頭候補には、村上頌樹(阪神)を挙げたい。東洋大からドラフト5位で入団した昨季は、ウエスタンリーグで10勝1敗、防御率2.23という圧倒的な成績で最優秀防御率、最多勝、勝率1位とタイトルを独占した。ファーム日本選手権でも先発を任され、6回2失点の好投でチームの日本一に貢献した村上は、これまで宮城や鈴木誠也などが受賞している野球専門誌の「ビッグホープ賞」にも選ばれた。1軍では2試合に先発して0勝1敗、防御率16.88だったが、今季はその悔しさも晴らしてもらいたい。

森遼太朗(ロッテ)

その阪神とのファーム日本選手権で先発として対戦したのが森遼太朗(ロッテ)だ。2017年育成ドラフト2位入団の森は、育成4年目で3ケタ(123)の背番号のまま、イースタンリーグで10勝をマークして最多勝のタイトルを獲得した。フォークを武器に、強気な投球で7月にはイースタンリーグの月間MVPに輝くなど、先発の柱として7年ぶりのイースタン・リーグ優勝に貢献。オフには支配下契約を勝ち取り、今季のローテ入りが期待されている。

高橋奎二(ヤクルト)

昨季終盤に覚醒の兆しを見せて日本一に大きく貢献したのが高橋奎二(ヤクルト)だ。龍谷大平安高時代に春のセンバツ優勝投手となり、入団時から将来の左腕エースと期待されている。昨季レギュラーシーズンでは4勝に終わったが、クライマックスシリーズと日本シリーズでは、いずれも第2戦の先発を任されて勝ち投手になった。大舞台でひと皮剥けた投球を見せたサウスポーは、ともに甲子園を沸かせた奥川との左右の両輪として、高津臣吾監督も高い期待を寄せる。

本田仁海(オリックス)

パ・リーグを制した中嶋バファローズで、先発ローテ入りを期待されているのが本田仁海(オリックス)だ。高卒4年目の昨季はファームで2勝10敗、防御率5.06という成績に終わったが、18登板でチームトップの90イニングを任されるなど、チームとして将来の先発ローテの軸に育てるという明確な意図が見えていた。高卒右腕でひと足先にブレイクを果たした1年先輩の山崎颯一郎に続く存在として期待されている。

小林樹斗(広島)

コロナ禍の影響もあり投打で若手の台頭が目立ったカープで、シーズン最終戦に先発デビューを果たした高卒ルーキーが小林樹斗(広島)だ。智弁和歌山から2020年ドラフト4位で入団し、シーズン前半は「強化指定選手」として三軍での体力づくりからスタート。徐々に実戦での登板、球数を増やして経験を積んだ。ヤクルト相手の1軍デビュー戦は4回途中で降板となったが、「藤川球児を彷彿とさせるストレート」で最速152キロをマークして塩見泰隆、山田哲人、村上宗隆から三振を奪うなど、日本シリーズを控えた強力打線を相手に6奪三振を記録した。高卒ルーキーの先発登板は、現在メジャーで活躍する前田健太も成し遂げておらず、小林の完成度の高さと首脳陣の期待の高さがうかがえる。

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB