2022年FIA世界耐久選手権(WEC)第2戦「スパ・フランコルシャン6時間」は7日、ベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットでの決勝が行われ、天候が激しく変わる「スパ・ウェザー」による波乱のレースを、小林可夢偉らが駆るTOYOTA GAZOO Racing(TGR)ハイパーカー GR010 HYBRID 7号車が制し、トヨタに今季初勝利をもたらした。なお、今季からチーム代表も務める小林にとっても初めての勝利の美酒となった。

■チームはWECスパ戦で6年連続勝利

WECディフェンディングチャンピオンの小林、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペスの3名がドライブするGR010 HYBRID 7号車は、大荒れとなった「スパ・ウェザー」に見舞われながらのハイパーカークラスの接近戦を制し、ル・マン24時間レースの前哨戦となる、シーズン第2戦スパで今季初めての勝利を掴み取った。

チームはWECスパ戦での6年連続勝利。そして、7号車にとってはアクシデントでリタイアに終わった前戦セブリングの雪辱を果たす勝利で、GR010 HYBRIDは昨年のスパデビュー以来、8戦中7勝目を飾ることとなった。

2台のGR010 HYBRIDのうち今大会、無事チェッカーを受けたのは1台のみ。セバスチャン・ブエミ、ブレンドン・ハートレー、平川亮の3名がドライブする8号車は、レース序盤戦をリードしたものの、1時間半ほどが経過したところでハイブリッド・システムのトラブルにより戦線離脱を余儀なくされた。

レースは、4番手グリッドからスタートを切ったブエミのドライブする8号車が、1周目に2位へとポジションを上げる好スタートを切り、3番手グリッドのコンウェイの7号車も、スタ−ト直後の1コーナーで一旦は順位を落とすもすぐに追い上げ、3位に。

16周目、2台のGR010 HYBRIDは、同じ周に続けて首位のグリッケンハウスをかわし、8号車が首位、7号車が2位へとポジションを上げた。2台のGR010 HYBRIDがレースをリードし後続を徐々に引き離し始めるも、スタートから1時間ほどが経過したところで雨が降り始め、LMP2車両のクラッシュによりレースは赤旗中断となった。

■可夢偉は次戦ル・マンに向けて「トラブルは必ずなくしていきます」

25分間の中断のあと、レースはセーフティカー先導で再開。首位につける8号車は、セーフティカー走行中にコース脇にストップ。ブエミはそのまま車両を降り、8号車はリタイアとなった。まもなく再スタートが切られるも、雨は激しさを増したため、7号車のコンウェイはピットへ向かい、ウェットタイヤへと交換。3位へと順位を落とす。

さらに強さを増した雨により、コースコンディションは悪化し、レースはさらに2度の赤旗中断を経て、残り2時間強で再開。ようやく雨が止むと、徐々に路面が乾き始めるコンディションの中で、レース再開時に2位につけていた小林の7号車は、すぐに前を行くWRT 31号車をパスし首位を奪還した。

最後の1時間半はロペスが7号車のステアリングを引き継ぎ、インターミディエイト・タイヤで最終スティントへ。レースは終盤に3度のフルコースイエローが出される中、最後まで3台のハイパーカークラス車両による接近戦に。

ロペスは、さらに路面が乾いていくレース終盤もこのバトルを見事にコントロール、2位のアルピーヌ36号車に27.473秒差をつけてトップでフィニッシュを果たした。

今季からドライバーでありながらチーム代表も兼務する小林は「素晴らしいチームワークにより今季初勝利を上げることができました。私はドライバーであると共に、チーム代表でもあるため、両方の車両に対して責任があります。8号車に起きたトラブルに関してクルーには申し訳ない気持ちですし、徹底的に精査し解決していきます。チーム全体として、今回のレースにはとても満足しています。我々の7号車は非常に難しいレースコンディションにもかかわらず、マイクとホセが素晴らしい走りを見せてくれ、またエンジニアとピットクルーも、このコンディションの中、ミスなく完璧な作業で支えてくれました。次戦はシーズン最大のイベントであるル・マンなので、しっかり準備する必要があります。我々はパフォーマンスを上げるため常に努力を続けていますが、ル・マンへ向けては、信頼性の向上も必要です。今日8号車に起こったようなトラブルは必ずなくしていきます」と喜びのコメントとともに、代表としての反省も忘れなかった。

TGRはドイツ・ケルンの本拠地へと戻り、WECシーズン最大のイベントである次戦ル・マン24時間レースへ向けすでに始動。2022年のル・マン24時間レースは6月11日、12日に開催され、TGRは5連覇に挑む。

文・SPREAD編集部