JRAは9日、第48回エリザベス女王杯(11月12日/GI、京都芝2200m)の出走15頭の調教後馬体重を発表した。

■ブレイディヴェーグはデビュー以来、最軽量

昨年の覇者ジェラルディーナは前走・オールカマーから12キロ増の478キロ。昨年のエリザベス女王杯優勝時、3着に好走した有馬記念が470キロであり、近3走は460キロ台だった。

ブレイディヴェーグは前走・ローズSから4キロ減の456キロと、この時点ではデビュー以来、最軽量となった。

ハーパーは前走・秋華賞から6キロ増の488キロ。前走がオークスから14キロ増であり、460キロ台だった春と比べ、20キロ前後の増加がある。

出走15頭の馬体重は以下の通り。

馬名 馬体重(前走) ※↑は増、↓は減、−は増減なし

アートハウス ↑492(470) イズジョーノキセキ ↑478(464) ククナ ↑464(460) ゴールドエクリプス ↑502(498) サリエラ ↓426(428) ジェラルディーナ ↑478(466) シンリョクカ −462(462) ディヴィーナ ↑438(428) ハーパー ↑488(482) ビッグリボン ↑510(504) ブレイディヴェーグ ↓456(460) マリアエレーナ ↑438(428) ライラック ↑452(448) ルージュエヴァイユ −470(470) ローゼライト ↑466(456)

(SPREAD編集部)