JRAは15日、第68回有馬記念(12月24日/GI、中山芝2500m)のファン投票の実施要項を発表。16日から12月3日までの期間、特設サイト限定で受け付け、12月7日に最終発表を行う。

第1回特別登録を行った馬のうち、ファン投票の得票の多い上位10頭に優先出走権が与えられる。

■新たに2頭が参戦を表明

現在、有馬記念への参戦を表明しているのは、ジャパンCに出走するGI3勝馬タイトルホルダー(牡5、美浦・栗田徹厩舎)、今年のダービー馬タスティエーラ(牡3、美浦・堀宣行厩舎)、凱旋門賞4着のスルーセブンシーズ(牝5、美浦・尾関知人厩舎)など。

これに加え、15日には春の天皇賞馬ジャスティンパレス(牡4、栗東・杉山晴紀厩舎)、エリザベス女王杯4着のライラック(牝4、美浦・相沢郁厩舎)が参戦を表明した。

また、ジャパンCに出走するドウデュース(牡4、栗東・友道康夫厩舎)も、有馬記念の参戦は示唆している。

現時点の出走予定馬は以下の通り。

タイトルホルダー 牡5、美浦・栗田徹厩舎 主な成績:21年菊花賞1着、22年天皇賞・春1着、22年宝塚記念1着

ジャスティンパレス 牡4、栗東・杉山晴紀厩舎 主な戦績:23年天皇賞・春1着、23年天皇賞・秋2着

ウインマリリン 牝6、栗東・手塚貴久厩舎 主な戦績:22年香港ヴァーズ1着

タスティエーラ 牡3、美浦・堀宣行厩舎 主な戦績:23年日本ダービー1着、23年皐月賞2着、23年菊花賞2着

スルーセブンシーズ 牝5、美浦・尾関知人厩舎 主な戦績:23年宝塚記念2着、23年凱旋門賞4着

プラダリア 牡4、栗東・池添学厩舎 主な戦績:22年青葉賞1着、23年京都大賞典1着

プリュムドール 牝5、栗東・奥村豊厩舎 主な戦績:22年ステイヤーズS2着

ブローザホーン 牡4、美浦・中野栄治厩舎 主な戦績:23年札幌日経オープン1着

(SPREAD編集部)