卓球のパリ五輪第6回選考会「2023 全農CUP 大阪大会」が25日、大阪府のAsueアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で行われた。

■有延大夢が存在感発揮

大会初日は1回戦、準々決勝が行われた。男子はパリ五輪選考ランキンング首位の張本智和が1回戦で木塚陽斗相手に4−0ストレート勝利。続く及川瑞基と対した準々決勝でも好調を維持し、4−0でベスト4進出を決めた。

張本とともに優勝候補と呼べるのがパリ五輪選考ランキングで2位につける戸上隼輔。状態の良さを感じさせた戸上は三木隼相手の1回戦を4−0ストレート、横谷晟を相手にした準々決勝も1ゲームを失ったが安定感溢れるプレーが光り、4−1で準決勝進出を決めた。

戸上隼輔(写真:SPREAD編集部)

張本、戸上に続く存在が待たれるなかで、存在感を示したのが有延大夢。準々決勝でパリ五輪選考ランキング3位の田中佑汰相手に3ゲーム連取するなどリズムに乗り4−2で勝利。パリ五輪選考ランキング4位の篠塚大登とともにベスト4へ勝ち進んだ。

26日に行われる準決勝では張本が篠塚との同級生対決、戸上が田中を下した有延と顔を合わせる。最後の選考会を制するのは誰か。準決勝、決勝が行われる。

(Y.Imoto/SPREAD編集部)