日本代表MFの久保建英が所属するレアル・ソシエダは26日(日本時間27日)、ラ・リーガ第14節でセビージャと対戦。2−1で勝利を収めた。

■セビージャに脅威与える

3分にオウンゴールで先制ゴールを奪ったレアル・ソシエダで、立ち上がりからのハイプレスを牽引したのが、4−3−3の右ウイングで先発した久保だ。

攻撃時は右サイドにポジションを取りながらも、守備に切り替わるとウマル・サディクと2トップを組み相手のCBに猛烈なプレッシャーをかける。対峙したセビージャの元スペイン代表DFセルヒオ・ラモスを苦しめたのは明らかで、先取点を生み出す流れを作った。   その後も久保は、右SBのアマリ・トラオレと巧みなコンビネーションを見せながら、果敢に仕掛け続けた。14分にはサディクへ鋭いスルーパスを狙い、40分と43分にはシュートを放つ。76分と83分にもチャンスを掴むなど、途中交代した84分までアグレッシブなプレーを披露した。

スペイン紙の『MUNDO DEPORTIVO』は、マッチレポート内で久保を次のように称賛している。

「ボールを支配して流れるようなプレーを見せたレアル・ソシエダで、特に右サイドのトラオレと電光石火の久保は攻撃に厚みがあった。前線から息詰まるようなプレッシャーをかけてボールを奪い、相手を混乱させた」。

確かに久保は、右SBのトラオレと連係しながら右サイドの深いエリアまで侵入するシーンが多く、攻撃の起点にもなっていた。両チーム最多となる4本のシュートを打ったスタッツからも、セビージャに脅威を与えていたのは明白だ。

試合はウマル・サディクのスーパーミドルでレアル・ソシエダが22分に追加点を奪い、60分に失点したものの、2−1と逃げ切った。ヨーロッパリーグ王者のセビージャとの一戦で勝点3を獲得したゲームにおいて、ゴールやアシストこそなかったものの、久保は積極的な仕掛けと献身的な守備で勝利に貢献した。

文●SPREAD編集部