29日、有馬記念出走予定のダービー馬タスティエーラ(牡3、美浦・堀宣行厩舎)は鞍上にR.ムーア騎手を予定していることがわかった。

■有馬記念参戦は自身5度目

11月19日の京都2Rで落馬負傷したR.ムーア騎手は当日のマイルCSを乗り替わり。12月5日までの免許期間を交付されジャパンCも騎乗予定だったが、23日に自ら免許取り消しを申請し、治療のため帰国した。しかし、有馬記念での騎乗が浮上。再来日する予定となった。

同騎手の有馬記念参戦はこれまでに4回。2013年のゴールドシップで3着した以外、馬券内は未だない。また、2017年にはタスティエーラの父サトノクラウンで13着に惨敗しており、今回の騎乗に関して並々ならぬ思いがあるかもしれない。

2016年の香港ヴァーズを勝利したサトノクラウンだが、この時の2着馬はR.ムーア騎手が騎乗していたハイランドリールで、サトノクラウンの強さを目の当たりにしていた。翌年、ジャパンCに出走予定だったサトノクラウンの追い切りでは、本馬に騎乗しないR.ムーア騎手が跨るといった珍しいシーンが見られた。親交のある堀厩舎に「ぜひ乗ってみたい」と異例の展開が巻き起こっていたのだ。

同騎手はジャパンCではアイダホに騎乗するため、サトノクラウンへの騎乗は叶わなかったが、有馬記念でついにコンビ結成。しかし、結果は前述のとおり気難しさを見せて惨敗してしまった。

そして今年、ベタ惚れだった父サトノクラウンの仔であるタスティエーラの騎乗。同騎手にとって果たしたいリベンジであるに違いない。

有馬記念2023出走予定馬

→→→右へスクロール→→→

馬名 性齢 主な成績 厩舎
タイトルホルダー 牡5 21年菊花賞1着、22年天皇賞・春1着、22年宝塚記念1着 美浦・栗田徹厩舎
ジャスティンパレス 牡4 23年天皇賞・春1着、23年天皇賞・秋2着 栗東・杉山晴紀厩舎
ドウデュース 牡4 22年日本ダービー1着、21年朝日杯FS1着 栗東・友道康夫厩舎
ウインマリリン 牝6 22年香港ヴァーズ1着 栗東・手塚貴久厩舎
タスティエーラ 牡3 23年日本ダービー1着、23年皐月賞2着、23年菊花賞2着 美浦・堀宣行厩舎
ソールオリエンス 牡3 23年皐月賞1着、23年京成杯1着 美浦・手塚貴久厩舎
スルーセブンシーズ 牝5 23年宝塚記念2着、23年凱旋門賞4着 美浦・尾関知人厩舎
プラダリア 牡4 22年青葉賞1着、23年京都大賞典1着 栗東・池添学厩舎
プリュムドール 牝5 22年ステイヤーズS2着 栗東・奥村豊厩舎
ブローザホーン 牡4 23年札幌日経オープン1着 美浦・中野栄治厩舎

→→→右へスクロール→→→

文●SPREAD編集部