JRAは2日、第24回チャンピオンズ(GI、ダ1800m)の前日最終オッズを発表した。

無傷の5連勝でGIに挑むダート界の新星・セラフィックコール(牡3、栗東・寺島良厩舎)が単勝3.5倍で1番人気、南部杯を圧勝したレモンポップ(牡5、美浦・田中博康厩舎)が単勝4.1倍で2番人気。

以下、昨年の2着馬クラウンプライド(牡4、栗東・新谷功一厩舎)が単勝5.4倍で3番人気、一昨年の覇者テーオーケインズ(牡6、栗東・高柳大輔厩舎)が単勝6.8倍で4番人気、ハギノアレグリアス(牡6、栗東・四位洋文厩舎)が単勝11.8倍で5番人気と混戦。

■人気サイドは若い馬ほど勝率アップ

2014年以降、3番人気以内で単勝4.9倍以下だった馬は【3.5.1.6】連対率53.3%を誇る好成績。このうち、3歳馬【2.1.0.1】、4歳馬【1.0.0.2】、5歳馬【0.1.1.2】、6歳馬【0.3.0.1】となっており、若いほど勝率が高くなっていた。また3歳馬のうち馬券外に敗れたのは初ダートかつ牝馬のソダシ。牡馬のセラフィックコールには追い風データとなる。

複数連対のあったゾーンは単勝3.0〜4.9倍【2.4.1.4】と、7.0〜14.9倍【3.2.4.18】。オッズを鑑みると後者は健闘している方。さらに、過去9年のうち7回において連対は「1〜3番人気+4番人気以下」の組み合わせ。上記の傾向を踏まえると、4番人気以下だとテーオーケインズから、ハギノアレグリアスメイショウハリオアイコンテーラーグロリアムンディまでが相手候補となりそうだ。

馬連は(12)セラフィックコール−(15)レモンポップが8.6倍、(9)クラウンプライド−(12)セラフィックコールが10.5倍、(4)テーオーケインズ−(9)クラウンプライドが11.3倍と続く。3連複はクラウンプライドの軸が売れており、(9)クラウンプライド−(12)セラフィックコール−(15)レモンポップが13.8倍、(4)テーオーケインズ−(9)クラウンプライド−(12)セラフィックコールが19.2倍、(4)テーオーケインズ−(9)クラウンプライド−(15)レモンポップが22.4倍。

3連単は(12)セラフィックコール−(15)レモンポップ−(9)クラウンプライドが49.8倍、(15)レモンポップ−(12)セラフィックコール−(9)クラウンプライドが51.7倍、(12)セラフィックコール−(9)クラウンプライド−(15)レモンポップが55.6倍。上位人気3頭が1着に来ない馬券は(4)テーオーケインズ−(9)クラウンプライド−(12)セラフィックコールの組み合わせで126.7倍となっている。

■2日・前日最終オッズ

人気 馬名 単勝
1 セラフィックコール 3.5
2 レモンポップ 4.1
3 クラウンプライド 5.4
4 テーオーケインズ 6.8
5 ハギノアレグリアス 11.8
6 メイショウハリオ 12.5
7 アイコンテーラー 17.8
8 グロリアムンディ 19.9
9 ドゥラエレーデ 24.6
10 ジオグリフ 36.6
11 メイクアリープ 59.8
12 ウィルソンテソーロ 79.9
13 アーテルアストレア 82.5
14 ノットゥルノ 107.0
15 ケイアイシェルビー 258.1

※出馬表・結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発表のものと照合し確認してください。

(SPREAD編集部)