第24回チャンピオンズC(GI、ダ1800m)が行われる中京競馬場の馬場情報が3日、JRAより発表された。中京は芝・ダートともに「良」でスタート。

芝のクッション値は「9.1/標準」、ダートの含水率はゴール前1.4%、4コーナー1.7%と計測された。

■パサパサ馬場で大型馬の好走目立つ

昨年のチャンピオンズC(ジュンライトボルト)はダート「良」、含水率はゴール前「8.0%」、4コーナー「7.0%」で、勝ち時計は1分51秒9の時計だったが、スローペースの影響もあり、例年は1分50秒前後での決着。今年は馬場が乾いた状態だけに1分50秒台あたりとなりそうだ。

ダ1900mで行われた土曜中京9R・犬山特別(アースライザー)は好位4番手を運んだ2頭が1、2着、道中9番手を追走の差し馬が3着。前残りが多く見られる開催もある中京ダートだが、今年は10番手以下からの差しも届いている。

また、パサパサの冬場ダートだけにやはり大型馬の好走が目立ち、土曜中京7R・3歳以上1勝クラス(フミヤングフェイス)、土曜中京8R・3歳以上1勝クラス(サイレンスゴールド)の勝ち馬は共に500キロオーバーだった。

今年のメンバーで前走500キロを超える差し馬はセラフィックコールメイショウハリオグロリアムンディが該当しており、注目したい。

当日/12月3日(日曜)

含水率 ┗ゴール前=芝10.6%|ダ1.4% ┗4コーナー=芝12.1%|ダ1.7% 芝のクッション値=9.1[標準]

前日/12月2日(土曜)

含水率 ┗ゴール前=芝9.5%|ダ2.0% ┗4コーナー=芝12.8%|ダ3.1% 芝のクッション値=9.0[標準]

前年/12月4日(チャンピオンズC当日)

含水率 ┗ゴール前=芝14.0%|ダ8.0% ┗4コーナー=芝14.1%|ダ7.0% 芝のクッション値=10.0[標準]

(SPREAD編集部)