22日から東京体育館にて開催中の「2024年全日本卓球選手権大会」は24日、ジュニア女子シングルスの決勝が行われ、張本美和は面手凛と対戦。ゲームカウント3−0で勝利し、連覇を成し遂げた。

■23日は松島美空らに勝利

昨年に初優勝を飾った張本美は、23日にスーパーシードとして3回戦から出場。注目を集めた松島美空相手にストレート勝ちで退けると、樋口美空、新谷莉央相手にも3−0で勝利を収め、24日の準々決勝に勝ち進んだ。

迎えた24日も遊佐美月を下し、幸先の良いスタートを切ると、準決勝では上澤杏音相手に1ゲームを失ったものの3−1で勝利。決勝でも序盤からラリー戦で鋭いフォア、バックで翻弄し、11−3、11−5で2ゲーム連取。第3ゲームは面手に迫られたが、11−9でものにした。

前評判通りの強さでジュニアの部を制した張本美は、今大会3種目にエントリー。25日には女子ダブルスで平野美宇とペアを組み、4回戦に挑む。

また15歳7カ月での最年少優勝がかかるシングルスでは、26日に初戦を迎える。パリ五輪選考の最終大会でもある今回、第6回選考会「2023 全農CUP 大阪大会」に続く優勝を飾れるか。協会推薦によって選ばれるパリ五輪の3人目の有力候補に浮上できるか期待が高まる。

(Y.Imoto/SPREAD編集部)