JRAは24日、ルーク・モリス騎手(35、英国)の短期騎手免許を本人からの申請により、同日付で取り消したと発表した。一身上の都合を理由としている。

同騎手は2022年の凱旋門賞をアルピニスタとのコンビで勝利。2023年12月10日にJRA初勝利を挙げた際は「ファンの皆さまには、イギリスと日本で馬の乗り方が少し違うため、ルールに基づいたイギリスの乗り方をお見せできればと思います」と今後の意気込みを語っていたが、不完全燃焼の形で日本を去ることとなった。

なお、同騎手の短期免許期間は1月6日(土)から2月25日(日)。20日の京都5Rで斜行し、2月3日(土)〜4日(日)まで開催2日間の騎乗停止処分を受けていた。JRA通算成績は80戦1勝。

【日本での主な騎乗馬】

ウインマリリン 牝7、美浦・手塚貴久厩舎 父:スクリーンヒーロー 母:コスモチェーロ 母父:フサイチペガサス 馬主:ウイン ※2023年の有馬記念で騎乗し14番人気7着

ユーキャンスマイル 牡9、栗東・友道康夫厩舎 父:キングカメハメハ 母:ムードインディゴ 母父:ダンスインザダーク 馬主:金子真人ホールディングス ※2023年の中日新聞杯で騎乗し10番人気8着

ルージュスティリア 牝5、栗東・藤原英昭厩舎 父:ディープインパクト 母:ドライヴンスノー 母父:ストームキャット 馬主:東京ホースレーシング ※2024年の愛知杯で騎乗し5番人気8着

(SPREAD編集部)