28日、東京競馬場で第38回根岸S(GIII、ダ1400m)が行われる。

土曜の東京ダートは、含水率ゴール前4.1%、4コーナーも同4.1%と程よい水分量の良馬場でスタート。金曜朝はゴール前6.9%、4コーナー7.1%だったことから一晩でだいぶ乾いた印象だ。天気に大きな変化がないことから日曜の朝には乾燥が進み、2〜3%前後が想定される。

■時計はやや掛かる傾向か

過去5年の含水率を確認してみると、近2年は含水率が1%台でかなりタフな馬場。 →→→右へスクロール→→→

ゴール前/4角の含水率 金曜 土曜 日曜
2023年/良 3.1/3.9 2.6/2.7 1.8/2.3
2022年/良 2.3/2.5 2.3/1.8 1.4/1.7
2021年/稍重 12.8/12.7 11.1/11.1 10.2/10.6
2020年/良 10.5/11.8 8.9/9.6 4.7/5.5
2019年/良 1.4/1.0 2.5/1.6 1.5/2.0

→→→右へスクロール→→→

近2年と比較すれば今年はまだ程よい水分量が保たれていそうだが、根岸Sと同コースで行われた土曜9R・銀蹄Sの勝ち時計は1分24秒8とやや時計がかかっている。土曜7R・4歳上1勝クラスのダ1400m戦もミドルペースに流れたが、持続力がない先行馬は崩れ、初角10番手以下から進んだ差し馬が掲示板を占めた。さらに、土曜に行われたダート戦7レースの連対馬14頭のうち、半数が500キロ超のパワフルな大型馬。

日曜はさらに乾燥が進むことが想定され、馬格を取捨のポイントに馬券を検討してみてもいいだろう。

(SPREAD編集部)