日本卓球協会は5日、パリ五輪代表の候補選手を発表した。

■2年にわたる熾烈な争いに終止符

およそ2年にわたるパリ選考レースが先月行われた全日本選手権で終了した。

選考レースを独走した早田ひな、張本智和の男女エースが順当に選出されたほか、女子の2番手に伊藤美誠と熾烈な選考争いを繰り広げた平野美宇がメンバー入り。また、男子2位の戸上隼輔も初の五輪代表候補入りを果たした。

注目されたのが団体戦を想定しての3番手の選出。協会本部の推薦で選ばれる3枠目には女子は張本美和が選ばれ、伊藤美誠は落選。男子も篠塚大登がメンバー入りし松島輝空はパリ五輪行きを逃した。

なお、日本は16日から韓国・釜山で開催する「世界卓球2024団体戦」でベスト8に進出すれば、パリ五輪団体戦の出場資格を得る。

(Y.Imoto/SPREAD編集部)