韓国・釜山で開催中の「世界卓球2024 団体戦」は21日、決勝トーナメント2回戦が行われ、日本男子はオーストリアと対戦。3−0のストレートで勝利し、ベスト8進出とパリ五輪への切符をつかんだ。

■最後は松島輝空が圧巻のプレー

日本は1番手が張本智和、2番手に篠塚大登、3番手に松島輝空という台湾戦で活躍した3名にベンチには本日復活した戸上隼佑という布陣で、香港を破り勢いに乗るオーストリアと対戦。

1番手の張本の相手は世界ランク69位のレベンコ。第1ゲーム、張本はレベンコのレシーブやフォアハンドに対応しきれず8−11で第1ゲームを落とす。第2ゲームは、張本が序盤の長いラリーを制すなどで11−7としこのゲームを取り返す。第3ゲーム、6−4からまたしても長いラリーを制するなど流れを渡さず11−7でこのゲームも奪うと、続く第4ゲームでは、序盤のラリー戦で相手を翻弄し連続得点に成功。最後はロングサーブとフォアハンドの強打で決め11−8。ゲームカウント3−1で逆転した。

2番手の篠塚は、オーストリアのレジェンドプレーヤーであるガルドシュと対戦。第1ゲームはガルドシュにペースを渡さず、11−4で先制に成功。しかし第2ゲームは一転しガルドシュにリードを奪われ9−11でこのゲームを落とす。第3ゲーム序盤、またしてもガルドシュにリードを奪われるも、終盤に逆転。11−6で第3ゲームをものにする。第4ゲーム、両者譲らない接戦だったが、9−9で篠塚が強烈なバックハンドを決めマッチポイントに。最後は勢いのまま決めきり強豪ガルドシュを打ち破った。

3番手は台湾戦で激闘を見せ勢いに乗る松島。第1ゲームは初出場とは思えない堂々としたプレーを見せ、11−4で先制。第2ゲーム、出だしからフォアとバックの強打などで4連続ポイントを奪うと、その後も勢いは衰えずハベソーンを終始圧倒。11−3でゲームカウント2−0とする。第3ゲーム、松島は強烈なバックハンドなどでポイントを奪うと、最後は得意のバックハンドで決め11−6。ゲームカウント3−0のストレートで勝利した。

日本男子は3−0でオーストリアに圧勝。男女ともベスト8進出を決め、パリ五輪行きを確定させた。

篠塚大登(C)ITTF

(G.Tsukamoto/SPREAD編集部)