韓国・釜山で開催中の「世界卓球2024 団体戦」は21日、決勝トーナメント2回戦が行われた。日本女子はクロアチアと対戦し、3−0で勝利。ベスト8進出を決めパリ五輪本大会の出場権を獲得した。

■豪華ローテでGLを圧倒

今大会の日本女子はパリ行きをかけた戦いで早田ひな、平野美宇、張本美和の五輪メンバーに加えて、伊藤美誠、木原美悠という実力者が控える充実の陣容で韓国に乗り込んだ。

グループリーグから早田、平野を軸に、張本美、伊藤、木原をローテーション起用。ルクセンブルク、イラン、南アフリカ、ブラジルを撃破。そして迎えたクロアチアとの一戦でも“五輪トリオ”が躍動しストレート勝ち。相手を寄せ付けない形で最低ノルマのベスト8はクリアした。

パリ行きを正式に確定させた今、夏の五輪を視野に入れた戦いが始まっていく。

準々決勝で戦うルーマニアにはベルナルデ・スッチをはじめとした実力者も控え、22日に直接対決する中国や韓国といったチームとの決勝での対戦も考えられる。五輪メンバーを中心とした戦いでチームの総合力を高めながら、目の前の1試合に負けないことが求められる。

21日の試合後にはエースの早田から「団体戦優勝を目指す」といった言葉も聞かれた。パリ行きを確定させた日本女子が金メダルをかけた戦いに挑んでいく。

(Y.Imoto/SPREAD編集部)