世界卓球2024 団体戦」が韓国・釜山にて16日から行われ、日本女子は決勝進出。53大会ぶりの世界一が期待されたが、中国に2−3で惜しくも敗れ、5大会連続の銀メダルとなった。

■伊藤、木原も役割果たす

日本女子は今大会、早田ひな、平野美宇、張本美和の五輪メンバーに加えて、伊藤美誠、木原美悠という実力者を揃えた。質、量ともに十分の陣容で金メダル奪取を狙った。

グループステージから五輪トリオを中心に圧倒し、2試合に出場した伊藤はパリ行きをかけたルーマニア戦で活躍。また、木原も南アフリカ戦で第1ゲームを11−0で圧倒するなど、出場が限られたなかでも実力を示した。

今大会最大の収穫は決勝戦での奮闘。早田、平野の五輪シングルス出場組が陳夢、王芸迪をそれぞれ下し、張本美も第5ゲーム序盤では陳夢と互角以上にわたり合った。パリ行きを確定させたなか、金獲得に近づいた今回の戦いは手ごたえをつかむには十分だったといえる。

パリ五輪での団体金に向けては、厳しい局面での中国勢を相手にした戦いがポイントとなる。15歳の張本美は決勝で敗れたものの世界卓球決勝で貴重な経験を積んでおり、さらなる成長も見込める。早田、平野を含めた総合力を高めることで、中国超えへの道が開けてくるのではないか。

近年で最も金に近づいた銀で今大会を終えた日本女子。パリ五輪世界一へ向けて、最強メンバーのリベンジには注目したい。

(Y.Imoto/SPREAD編集部)