ノジマTリーグ 2023-2024シーズン」は23日、女子のプレーオフファイナルが行われ、レギュラーシーズン2位の日本生命レッドエルフが、同1位の木下アビエル神奈川と対戦。3−0で勝利し、優勝を果たした。

■笹尾、麻生ペアが全日本ペアを撃破

日本生命は1番手のダブルスに笹尾明日香、麻生麗名の2人を抜擢。木原美悠、長﨑美柚の全日本選手権を制したペア相手に1ゲーム目を奪われたものの、第2、3ゲームを連続で奪い逆転。2−1で値千金の1勝を挙げる。

続く2番手のソン メイヨウは張本美和とのマッチアップ。第1マッチからの勢いに乗る形で2ゲームを奪うと、張本美の反撃を第3ゲームのみに抑え、3−1で勝利し王手をかけた。

前日に続いて早田ひなは3番手で出場。「シンガポールスマッシュ」の初戦で敗れた平野美宇との“再戦”。第1、2ゲームを先取した早田に対し、平野も第3ゲームでは意地を見せ、3−11で奪取する。それでも、日本のエースは第4ゲームで6連続ポイントを奪うなど平野を封じ込み、11−6でこのゲームを奪う。日本生命の優勝を確定させた。

早田は試合後に「シンガポールスマッシュで負けていて、ここがリベンジする場だと思って、いつも以上に気を引き締めて頑張った」と平野撃破に言及。

「今日の団体戦ははちょっとした差で勝てた」と語り、「次やったら0−3で負けるかしれない」と少しの差が結果に響いたとし、「応援が一体化して選手にパワーが届いていたのが勝因。日本生命レッドエルフのチームにいて本当に良かった」と喜びをかみしめた。

これで日本生命は2年ぶりのTリーグ制覇で5度目の戴冠となった。

(Y.Imoto/SPREAD編集部)