卓球の「WTTチャンピオンズ仁川」が27日から行われる。日本からは男女の有力選手が出場する。

■パリ五輪へ向けてもカギ握る

組み合わせ抽選が行われたなか、注目のカードが世界ランキング14位の平野美宇と同1位の孫穎莎のマッチアップ。パリ五輪でシングルス出場を決めている平野にとっては今後に向けての試金石となる。

平野は2023年に「WTTコンテンダーザグレブ」の決勝で孫穎莎と対戦し、4−3の逆転勝利。国外選手に圧倒的な強さを誇ってきた世界女王に対して、勝利を収め衝撃を与えた。

平野は今年に入っても、2月に行われた「世界卓球2024 団体戦」では決勝の中国戦で王芸迪をストレートで下す奮闘ぶり。また「シンガポールスマッシュ」では日本のエースで同学年の早田ひなを下すなど好調を維持している。

韓国で行われるWTTシリーズで実現する注目の対戦。はたして平野が最強を誇る孫穎莎相手にどのような戦いを見せるのか。

(Y.Imoto/SPREAD編集部)