ドジャース山本由伸投手は6日(日本時間7日)、敵地で行われたカブス戦に今季3試合目の登板。5回3安打8奪三振無失点の好投で、メジャー初勝利を手にした。

■序盤のピンチを圧巻投球で防ぐ

初勝利を目指した山本は初回に満塁のピンチを迎えるも、3者連続三振で切り抜ける。序盤は球数が増えたものの、その後は尻上がりに調子を上げ、5回80球で3安打8奪三振無失点の投球で、白星をつかみとった。

山本の投球にはMLB公式も「ヤマモトの新たな傑作。リグレー・フィールドでの8K」と題した記事を掲載。

記事内ではデーブ・ロバーツ監督が試合前に「芸術家」と評していたことに触れつつ、「ヤマモトは大リーグのレベルで新たな傑作を描いた」とその投球に賛辞を贈った。

また、韓国シリーズのパドレス戦で1回5失点のスタートを切ったことにも言及。そこからの修正に対して、「なぜ冬の市場で最も注目される投手だったのか証明した」と評している。

3試合目にして勝利をつかんだ山本。ここからメジャーの舞台でいくつの白星を重ねていけるかは注目が集まる。

(Y.Imoto/SPREAD編集部)