卓球の「ITTFワールドカップ2024」が15日からマカオにて行われる。世界の有力選手が出場することもあり注目を集める。

■シンガポールではベスト8入り

世界ランキング8位の伊藤美誠は、パリ五輪出場を逃したものの、自身の新たな目標を「世界1位」に掲げリスタートを切っている。そのなかで、2月の「世界卓球2024 団体戦」では日本の銀メダル獲得に貢献。

また、3月の「シンガポールスマッシュ 2024」では、日本女子では唯一のシングルスベスト8入りを果たすなど復調の気配。しばらくベンチコーチを置かない時期が続いたが、最近は母・美乃りさんがベンチに入る試合も見られるなど、心機一転で新たな姿を垣間見せている。

日本では早田ひな、平野美宇、張本美和の“五輪トリオ”とともに出場する。伊藤がマカオで迎えるW杯で、前回の3位を上回り飛躍を遂げることができるか。