卓球の「ITTFワールドカップ2024」が15日からマカオにて行われる。世界の有力選手が出場することもあり注目を集める。

■平野の最年少記録更新にも期待

張本美和は世界ランキング12位と自身初のトップ10入りを視界に捉える。15歳で迎える今大会を優勝すれば、2016年に16歳で同大会を制した平野美宇の持つ最年少記録を塗り替えることになる。

そんな張本美に対しては大会公式も注目。「新たに出現したスターたち。マカオで注目すべき選手は?」と見出しを打ち若手選手をピックアップ。「新星のなかには来週に歴史を作る可能性がある傑出した名前がいくつかある」と評され、その一人として張本美が挙げられている。

記事内では「若い世代のなかで最高の新進気鋭の一人である彼女は2023年のWTTシリーズで2勝を挙げるなど、すでにシニアの舞台で強い印象を残している」言及。昨年飛躍を遂げた15歳の活躍に触れながらその実力を評価している。

平野の最年少優勝記録更新も期待の張本美。夏には初のパリ五輪出場も控える15歳がマカオでどのような躍動を見せるのかは注目だ。