「ぎんざ空也 空いろ」とのコラボ商品「ジャポニカル」

〈「ボタニカルチョコ」を新企画、売上目標は過去最高の約25億円〉
阪急うめだ本店は、国内最大級のチョコレートの祭典「バレンタインチョコレート博覧会2020」を1月22日から2月14日まで開催している。約300ブランド、約3000種類の圧倒的な品揃えで、また様々な角度からチョコレートの魅力を発信し、売上目標約25億円(昨年約24億円)と過去最高の更新を狙う。今年も9階全フロアと、地下1・2階食品売り場「チョコスイーツパーク」で大々的に展開する。

1月14日開催の内覧会では、新企画や注目商品、同店限定商品を紹介した。9階は今年も6つの会場で展開。新企画「〜ハーブ&フラワー〜ボタニカルチョコ」では、自然派志向の高まりから様々な分野で注目されている「ボタニカル」をテーマに、ハーブや花を使った商品、花の形のチョコを特集。長野県八ヶ岳のバラ園「アサオカローズ」のローズウォーターを使った、「モロゾフ」とのコラボ商品「ローズトリュフ」(6個入り、税込1080円、同店限定)、「ぎんざ空也 空いろ」とのコラボ商品でローズウォーターを使ったホワイトチョコ餡1瓶と最中をセットした「ジャポニカル」(同1801円、阪急限定)、茨城県のハーブ園「シモタファーム」の生ハーブを使ったメリーチョコレートとのコラボ商品などを揃えた。 新企画「〜ハーブ&フラワー〜ボタニカルチョコ」

新企画「〜ハーブ&フラワー〜ボタニカルチョコ」

また、今年はボンボンショコラ(中に詰め物が入ったひと口サイズのチョコ)の魅力に注目し、「ワールドチョコレートライブラリー」では、世界の様々なボンボンショコラを揃えた。国内外で評価を得る日本人パティシエがチョコの魅力を探求する「ジャパンクリエーションチョコ」(祝祭広場)でも、ボンボンショコラを揃えた。同コーナーには、明治の人気商品「アポロ」と「クラブハリエ」とのコラボ商品「ボンボンショコラ アポロ」(大粒15個、同5400円)、「アポロチョコレート」(大粒14個、同1080円)も登場している。

阪急うめだ本店「バレンタインチョコレート博覧会2020」 明治 アポロ×クラブハリエ「ボンボンショコラ アポロ」「アポロチョコレート」

明治 アポロ×クラブハリエ「ボンボンショコラ アポロ」「アポロチョコレート」

その他、カカオを軸にしたチョコの楽しみ方を提案する「カカオワールド」、フルーツやナッツを使ったチョコを集めた「チョコ果実園」、会場で楽しむソフトクリームやクレープなどのチョコスイーツやカカオを使ったグルメを集めた「チョコフードホール」、9階カフェとのコラボメニューなどを展開し、チョコの祭典を盛り上げる。