抗ウイルス・ 抗菌加工を施した自動販売機のボタン部分(コカ・コーラ ボトラーズジャパン)

〈商品選択ボタンなどに抗ウイルス・抗菌フィルム「RIKEGUARD V(リケガードV)」貼付〉
コカ・コーラ ボトラーズジャパンは6月11日、 リケンテクノス株式会社が展開する抗ウイルス・抗菌フィルム「RIKEGUARD V(リケガードV)」を活用した、同社自動販売機の抗ウイルス・抗菌加工を6月中旬より開始すると発表した。

夏の最盛期にかけ、商業施設、公共交通機関、病院、福祉施設など公共性の高い施設・場所に設置した、同社自動販売機約3万台にフィルムを展開する予定という。商品選択ボタンと商品取り出し口(フラッパー)に「リケガード V」を貼付し、抗ウイルス・抗菌加工を施していく。 取り出し口の抗ウイルス・ 抗菌加工

取り出し口の抗ウイルス・ 抗菌加工

 
「リケガード V」は、抗ウイルス性・抗菌性および安全性を認証する「SIAAマーク」を取得している。抗ウイルスについては、フィルム上に付着した特定のウイルス数を99.99%減少させる高い抗ウイルス性能を持つ。
 
同社によれば、一般的にウイルスは、「エンベロープ(脂肪膜)有り」と「エンベロープ無し」の2種類に大別され、「リケガード V」はその両方に効果を発揮する。SIAAマークの取得には、定められた厳しい基準を満たすことが必要になるという。
 
また、抗菌については、フィルム表面上の細菌の増殖を従来品と比べ1/100以下に抑制する高い抗菌性能を持つという。同フィルムは、自動販売機の商品選択ボタンの上から張り付けることに適した、柔らかにフィットする追従性と透明性を持つことから採用したとしている。

ステッカーで「SIAAマーク」を表示

ステッカーで「SIAAマーク」を表示

 
コカ・コーラ ボトラーズジャパンの担当者は、「これまでも安全・安心に自動販売機をご利用いただけるように取り組み、日々模索をしてきました。その取り組みのひとつとして、さらに万全を期するため、自動販売機に抗ウイルス・抗フィルムを貼付することにいたしました。今後もお客さまの安全・安心に向けた取り組みを継続してまいります」としている。
 
なお、清涼飲料の自動販売機では、伊藤園も茶殻配合シートを活用した抗菌対策自販機を、6月から順次展開すると発表している。