モンテローザの飲食店舗に掲示されたレジ前POP

株式会社モンテローザは7月1日から、同社が展開する飲食店舗「魚民」「白木屋」「笑笑」「千年の宴」などのテイクアウト販売で使用している“持ち帰り袋”をバイオマス素材配合の袋に変更し、無料配布を継続する。

今回の切り替えは、7月1日に施行された「改正容器包装リサイクル法」によるプラスチック製レジ袋の有料化に伴い実施するもの。

モンテローザグループは「環境経営に配慮し、社会的責任を重視する企業を目指す」を経営理念にかかげ、「お客様の健康と環境に配慮した商品開発」「省資源・省エネルギーの推進」「廃棄物の減量化・資源リサイクルの推進」など環境保全に取り組んできた。

新しい持ち帰り袋は、バイオマス素材(配合率25%以上)の認証マークを追記しており、地球温暖化対策に寄与することから有料化の対象から除外されており、利用客は袋代金を負担することなく購入商品を持ち帰ることができる。