山崎製パン「ランチパック(ココアクリーム)」

〈プロジェクトイベントに田中みな実さん、飯尾和樹さん登場〉
山崎製パン(株)(飯島延浩社長)は9月24日、(株)明治の「TANPACT(タンパクト)」企業間連携に参画し、10月1日に乳由来たんぱく質を配合した「ランチパック(ココアクリーム)」(総たんぱく11g、うち乳たんぱく3.3g、上写真)、「グラノーラスナック(5本入)」(11g、2.2g)、「チョコレートプリン」(5.1g、4.1g)を発売することを発表した。

明治の「TANPACT」は2020年3月に「いつでも・どこでも・おいしく・手軽にたんぱく質を摂取」という考えからスタートしたプロジェクト。日本人の1人1日あたりのたんぱく質摂取量は、1950年代と同水準に低下している。また、厚労省の「『日本人の食事摂取基準』策定検討会」の報告書(2019年12月)では、「高齢者の健康維持の観点から、総エネルギー量に占めるべきたんぱく質由来のエネルギー量割合を引き上げること」とされる。「現代の低栄養という社会的な問題の解決に貢献する」(明治)。 日本人の1人1日あたりのたんぱく質摂取量グラフ

日本人の1人1日あたりのたんぱく質摂取量グラフ

今回の企業連界では「TANPACT」の「乳たんぱく質で日本を元気にする」という理念に賛同した企業が参加。山崎製パン以外にも伊藤ハム米久ホールディングス(株)が参画した。
 
〈関連記事〉明治「TANPACT」が伊藤ハム・米久と企業コラボ、乳たんぱく活かした「サラダチキンスティック」「ホワイトヴルスト」を連携開発
https://www.ssnp.co.jp/news/meat/2020/09/2020-0925-1508-14.html
 
9月24日にはオンラインで「TANPACT プロジェクト発表会」が開催された。明治がプロジェクトの概要と新商品、山崎製パン、伊藤ハム(株)、米久(株)が新商品を説明した。「ランチパック、スナックパン、プリンに使用することで、朝食やおやつ、食後のデザートなどの食シーンに合わせて、お手軽にたんぱく質を摂っていただくことができる」(山崎製パン)。
 
また、「TANPACT」のテレビCMキャラクターを務めるタレントの田中みな実さん、芸人のずん・飯尾和樹さんが登場。たんぱく質摂取について聞かれると、田中さんは「大豆を多く摂ったり、自分で食事を作るときは魚・豆腐・納豆を取り入れるようにしている。肌や髪のためもあるが、たんぱく質をしっかり摂らないと集中力もなくなってしまう」とコメント。飯尾さんは、「仕事で疲れた時にはトンカツ、唐揚げなんかを食べる。後は気持ちで摂っている(笑)。男性はたんぱく質がどういう食材に入っているか、意識していないと思う」とした。イベントでは夫婦役でCMに出演する2人が結婚指輪を見せる姿も。「結婚指輪をして登壇するのは初めてです」(田中さん)。

オンラインイベントに登場した、ずん・飯尾和樹さんと田中みな実さん

オンラインイベントに登場した、ずん・飯尾和樹さんと田中みな実さん

〈米麦日報2020年9月25日付〉