ミスタードーナツ「misdo meets 陳建一 THE四川スペシャル」 パイ・飲茶発売

ダスキンは10月2日、赤坂四川飯店オーナーシェフで中華料理人の陳建一氏と共同開発した「misdo meets 陳建一 THE四川スペシャル」として、パイ3種・飲茶3種の合計6種を、同社が展開する全国の「ミスタードーナツ」店舗(一部除く)で発売する。3月下旬までの期間限定。

パイは3種類で、いずれも税別230円。パイの監修は“陳建一氏史上初”だという。「エビチリパイ」は、エビと、2種類の香味野菜を使用したチリソースをパイ生地で包んでいる。「チャーシューパイ」は、角切りチャーシューと、特製の醤(ジャン)を使用した甘辛ソースを使用した。「ごま団子風パイ」は、風味豊かなごまあんと、もっちり白玉をパイ生地で包んだ、中華菓子、ごま団子をパイに仕上げた商品。

飲茶は、陳建一氏がオーナーを務める“赤坂四川飯店”の人気メニューを再現したものなど、3種類の麺料理が登場する。いずれも税別530円。

「四川担々麺」は、“赤坂四川飯店”の担々麺を再現している。スープには練りごまを使用し、ネギ油で香り付けした。具材は豚ミンチを醤油と甜麺醤(テンメンジャン)で炒め、ラー油で仕上げている。

「海老野菜そば」は、“赤坂四川飯店”の海老入りスープそばを再現したメニュー。具材には、エビ、白菜、きくらげ、タケノコ、長ネギを使用した。とろみのある白湯スープが特徴だという。

「ジャージャー麺」は、陳建一氏が“大好き”なメニューだという。豚ミンチを甜麺醤を使用したタレで味付けして、タケノコとシイタケで食感をプラス。隠し味に“とろろ芋”を使用し、とろみと滑らかな口当たりを出している。 「四川担々麺」「海老野菜そば」「ジャージャー麺」

「四川担々麺」「海老野菜そば」「ジャージャー麺」

ミスタードーナツでは同じく10月2日から、「ミスドエコバッグ」第2弾を販売する。ミスタードーナツ日本50周年を記念した商品で、日本1号店「箕面ショップ」をデザインしたもの。
 
〈関連記事〉ミスタードーナツ50周年記念「ミスドエコバッグ」第2弾、日本1号店「箕面ショップ」やドーナツをデザイン
https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/09/2020-0930-1335-14.html
 
なお、ダスキンでは創業者・鈴木清一氏がミスタードーナツ・オブ・アメリカ社との事業提携を決断した1970年1月27日を「ミスタードーナツ創業の日」と定め、2020年は記念エコバッグ発売や「菅田将暉スペシャルテイクアウトボックス」でのドーナツ提供など、さまざまな50周年記念施策を展開している。
 
ミスタードーナツ第1号店の「箕面ショップ」は1971年4月2日オープン。そして“ミスタードーナツ50周年”の「ミスタードーナツ創業の日」である2020年1月27日にリニューアルし、創業時の懐かしい味を再現した「ホームカット」「パウダード」「バタークランチ」などの箕面ショップ限定ドーナツを展開している。