「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編キャラクター別ドリンクホルダー(鬼滅の刃ドリンクホルダー)」

全国の映画館で10月16日に発売された、「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編キャラクター別ドリンクホルダー」(鬼滅の刃ドリンクホルダー)の完売店舗が続出している。

「鬼滅の刃ドリンクホルダー」は、アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」公開記念として、映画公開日に合わせて数量限定販売を開始したもの。デザインは全5種類。それぞれ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」キャラクターの衣装をモチーフとしており、“羽織”をデザインした部分は着脱できる仕様。ドリンク入りで税込1000円、ただし劇場により価格が異なる場合がある。また、ストローと、提供するドリンクの種類は劇場によって異なる。

全5種類の内訳は、主人公の「竈門炭治郎(かまどたんじろう)」と、その妹の「竈門禰豆子(かまどねずこ)」、炭治郎の同僚剣士の「我妻善逸(あがつまぜんいつ)」「嘴平伊之助(はしびらいのすけ)」、炭治郎たちが所属する“鬼殺隊”中核メンバー“柱”の「煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)」。

「鬼滅の刃」は10月2日発売のコミックス22巻で累計1億部を突破するなど、昨今、大ブームとなっている。「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の上映回数の多さも話題となり、TOHOシネマズ新宿では、初日は朝の6時から深夜まで、1日で42回というスケジュールが組まれた。

そのように映画自体の動員数の多さもあって、各地の劇場内の売場には「鬼滅の刃ドリンクホルダー」を求める行列ができた。

発売初日から翌日にかけ、Twitterでは一部劇場の公式アカウントから在庫減少や完売の報告が投稿され、劇場を訪れたファンからも「初日から売り切れていた」などの声があった。特に「禰豆子」「杏寿郎」については、他のデザインに先駆け完売したと伝えられるケースが目立った。ただし、劇場によっては再入荷し、10月18日もオープンから販売するとアナウンスされている例もみられる。地域や各館の状況によっては、まだしばらくは「鬼滅の刃ドリンクホルダー」を購入できる場合がありそうだ。

なお、回転寿司チェーン「くら寿司」でも、9月から開催している「鬼滅の刃」コラボキャンペーンのプレゼント企画第5弾として、「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」公開日から、店内飲食・テイクアウトで税込2000円の会計ごとに「鬼滅の刃下敷き」の配布を開始した。デザインは「竈門炭治郎×竈門禰豆子」「冨岡義勇×胡蝶しのぶ」「錆兎×真菰」「無限列車」の4種類で、計40万枚を配布する。Twitterでは大きな話題となり、キャラクターの組み合わせやデザインの良さを評価する「鬼滅の刃」ファンの投稿も多く見られる。一部店舗では、すでに予定枚数を配布終了したケースも出てきているようだ。

〈関連記事〉くら寿司「鬼滅の刃」プレゼント第5弾は下敷き、杏寿郎・義勇・胡蝶しのぶなど登場、4デザイン計40万人に くら寿司×鬼滅の刃 プレゼント第5弾「鬼滅の刃下敷き」

くら寿司×鬼滅の刃 プレゼント第5弾「鬼滅の刃下敷き」