モスバーガー「まぜるシェイク獺祭-DASSAI-」

モスバーガーは12月26日、「まぜるシェイク 獺祭-DASSAI-」(ノンアルコール)を、全国のモスバーガー店舗(一部除く)で発売する。日本酒「獺祭(だっさい)」の蔵元・旭酒造(山口県岩国市)の「獺祭甘酒」とコラボレーションしたもの。販売期間は2021年2月上旬までを予定しているが、数量限定のためなくなり次第終了。モスバーガーが酒蔵とコラボレーションするのは今回が初めて。

人気の日本酒として知られる「獺祭」は、国内のみならず国際的にも高い評価を得ている。11月10日に実施されたオークション「サザビーズ香港」では、最高6万2500香港ドル(約84万)で落札された。このオークションには、旭酒造が主催する山田錦生産農家を対象としたコンテスト「最高を超える山田錦プロジェクト2019」で優勝した米で造った23本のうち、6本が出品されていた。

〈関連記事〉日本酒「獺祭」最高84万円で落札、香港の「サザビーズ香港」オークション出品で/旭酒造

今回モスバーガーで発売する「まぜるシェイク 獺祭-DASSAI-」は、ノンアルコールの「獺祭甘酒」を使った麹(こうじ)の甘みを楽しめるソースと、「モスシェイク バニラ」を合わせた大人のバニラシェイク。飲みすすめるにつれて、獺祭ソースの味わいがより深まり、最後まで「獺祭甘酒」の芳醇な香りを楽しめるよう仕上げたという。価格はSサイズ税別334円、Mサイズ税別399円。単品販売のみで、各セットメニューには対応していない。

シェイクに使用している「獺祭甘酒」は、酒造好適米「山田錦」の等外米(粒揃いが悪いなどの理由で等級のつかない米)を50%まで精米したものを原料としており、すっきりとした甘さが特徴。

モスバーガーは、「ハンバーガーからは縁遠いイメージの“日本酒”とモスのシェイクを組み合わせ、おもしろさと驚きが感じられる、他に類を見ない商品に仕上げています」としている。また、ノンアルコールのため、お酒が苦手な人や子どもでも飲むことができるが、アルコールが入っているような味わいに仕上げているため、飲むかどうかの判断は自身でするよう伝えている。

なお、モスバーガーでは「まぜるシェイク 獺祭-DASSAI-」発売と同日の12月26日から、リラックマとのコラボ商品「2021モス福袋」の予約受付を開始する。予約期間は12月29日まで。福袋にはリラックマをはじめとしたシリーズのキャラクターが描かれた「ブランケット」「エコバッグ」「マスクケース」「ふせんメモ」に加え、福袋と同額相当の「税込3000円分 お食事割引券」を封入している。販売は12月30日から実施するが、数量限定のため予約期間中に完売する場合もある。

〈関連記事〉モスバーガー×リラックマ「2021モス福袋」はエコバッグ・ブランケット・3000円分割引券などセットで3000円 モスバーガー×リラックマ「2021モス福袋」グッズ内容

モスバーガー×リラックマ「2021モス福袋」グッズ内容