DAIZ、ENEOSと資本業務提携

発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」を開発・製造するスタートアップのDAIZ(熊本県熊本市)は、ENEOSホールディングスと資本業務提携を行った。

この提携により、DAIZとENEOSは、CO2削減量の見える化(カーボンクレジット化)に向けた共同研究や、ENEOSのアセット活用検討などの分野で協業することにより、低炭素・循環型社会の実現を目指すとしている。

ENEOSでは、2040年には自社が排出するCO2のカーボンニュートラル実現を掲げており、CO2排出量削減に資する事業の創出に向けスタートアップなどと協業を積極的に推進している。

それらの協業によるCO2削減量を、今般協業する価値取引事業においてクレジット化し、それをENEOSが買い取り自社のCO2排出削減量として適用するという、ENEOS環境価値エコシステムの構築を目指すとしている。

一方、DAIZが特許技術「落合式ハイプレッシャー法」を用いて開発した植物肉「ミラクルミート」は、従来の食肉や搾油後の大豆かす(脱脂大豆)由来の植物肉と比較して、製造工程におけるCO2排出量が極めて少ないうえに、肉としての完成度が高いことから余分な添加剤やマスキング工程が不要となる環境負荷が小さい次世代の植物肉だ。DAIZは「ミラクルミート」の普及を通じて、SDGs(持続可能な開発目標)への貢献を目指している。

DAIZは、ENEOSとともに「ミラクルミート」の普及によるCO2削減量の見える化の実証に向けた共同研究を行うとともに、フードテック業界では初めて、ENEOSの環境価値取引プラットフォームに参加することで、低炭素・循環型社会の実現に向けた取組みを通じて長期的な企業価値向上に繋げていくとしている。

〈大豆油糧日報2021年3月25日付〉