エヴァンゲリオン「獺祭補完計画」で再現する葛城ミサト艦長の“あの部屋”

日本酒「獺祭(だっさい)」蔵元の旭酒造(山口県岩国市)は6月7日から、イベント「エヴァンゲリオン×獺祭 獺祭補完計画」を開催し、東京都中央区の「獺祭ストア銀座」に“葛城(かつらぎ)ミサト”の部屋を「完全再現」している。実施期間は7月31日までの予定。 エヴァンゲリオン「獺祭補完計画」イメージ

エヴァンゲリオン「獺祭補完計画」イメージ

 
葛城ミサトはアニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの女性キャラクター。3月8日公開の映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」にも主要人物の一人として登場し、空中戦艦「AAAヴンダー」の艦長を務める。酒好きで、「エヴァンゲリオン」シリーズ作中で描かれるミサトの部屋は、テーブルに「獺祭」のボトルが大量に並べられ、冷蔵庫には「エビスビール」が満載されているシーンがある。
 
獺祭ストア銀座の「獺祭補完計画」では、店舗外装もエヴァ仕様に。店内に入ると、エヴァンゲリオンの世界を連想させるグラフィックボードが奥まで続き、店内奥のメインブースに、獺祭のボトルが並ぶミサトの部屋(ダイニング)を再現している。実際にテーブルの前に座り、“葛城ミサト”になりきって記念撮影できるフォトスポットだ。

エヴァンゲリオン「獺祭補完計画」イメージ

エヴァンゲリオン「獺祭補完計画」イメージ

 
配置している獺祭のボトルは空見本で、特別に映画と同じものを製造してレイアウトしているという。また、サッポロビール・UCC上島珈琲の協力のもと、放送当時のものに復刻したデザインの「ヱビスビール」と「UCCミルクコーヒー」の缶を用意している。

エヴァンゲリオン「獺祭補完計画」会場イメージ

エヴァンゲリオン「獺祭補完計画」会場イメージ

 
「UCCミルクコーヒー」もエヴァとは関わりの深い商品で、1995年から放送開始したテレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の作中に「UCC ミルクコーヒー」に似た缶コーヒーが登場したことをきっかけに、これまでたびたびタイアップ缶を展開してきている。
 
〈関連記事〉“エヴァ缶”展開「UCC エヴァンゲリオンプロジェクト」の歴史
 
獺祭ストア銀座「獺祭補完計画」入場については、混雑緩和のため整理券配布を行う。有効期間は当日限り。配布開始は各日、開店時間の30分前にあたる午前10時30分から。当日分がなくなり次第、配布終了。事前入手は不可。電話・インターネットなどでの予約はできない。
 
なお、「シン・エヴァンゲリオン劇場版」は「エヴァンゲリオン」シリーズ完結作。5月末発表の時点の発表によると、公開84日間で観客動員は563万人、興行収入は86億円と突破し、「シン・ゴジラ」の最終興収82.5億円を上回り、庵野秀明総監督の作品として最大のヒットを記録している。
 
◆エヴァンゲリオン×獺祭【獺祭補完計画】概要
・実施店舗 獺祭ストア銀座
・所在地 東京都中央区銀座5丁目10-2GINZA MISS PARIS 1F
・問合せ先 03-6274-6420
・開催期間 2021年6月7日(月)〜2021年7月31日(土)
・営業時間 AM11:00〜PM6:00

エヴァンゲリオン「獺祭補完計画」獺祭ストア銀座 店舗外装

エヴァンゲリオン「獺祭補完計画」獺祭ストア銀座 店舗外装

 
◆エヴァンゲリオン×獺祭【獺祭補完計画】特設サイト