コカ・コーラシステム「綾鷹カフェ 抹茶ラテ」(440mlPET)

コカ・コーラシステムは7月15日、「綾鷹カフェ 抹茶ラテ」(440mlPET)を7月26日から全国販売を再開すると発表した。

「綾鷹カフェ 抹茶ラテ」は、2021年3月に発売したところ、20〜30代を中心に好評を集め、想定以上の販売となったことで発売直後に一時出荷停止となっていた。現在は、自動販売機向けの280mlPETのみの展開となっている。

〈関連記事〉「綾鷹」がカフェユーザーに接近、「綾鷹カフェ 抹茶ラテ」発売、監修は老舗茶舗とカフェ専門店/コカ・コーラ

「綾鷹カフェ」は、京都・宇治の老舗茶舗「上林春松本店」とスペシャルティコーヒー専門店「猿田彦珈琲」が監修した「綾鷹」ブランドの新シリーズ。「綾鷹カフェ 抹茶ラテ」の好調要因について、日本コカ・コーラ社は、素材と製法にこだわったことで、“抹茶の味がしっかりしている”“さっぱりしていて飲みやすい”など、味わいに対し高い評価を得たためとする。

さらに、3月の発売時には、テレビCMやデジタル施策、イベントなどのコミュニケーション活動によって製品の話題が広がったことも要因という。2021年6月に発表された「2021年上半期におけるティーンが選ぶトレンドランキング」(マイナビティーンズラボ)でも上位3位にランクインするなど、高い注目を集めている。

今回の販売再開に伴い、ブランドアンバサダーである女優の吉岡里帆さんが出演するテレビCMやSNSキャンペーンなどを展開し、お茶の新しいおいしさを発信する考え。さらに、簡単アレンジスイーツレシピとして、「綾鷹カフェ 抹茶ラテ」を使ったババロア風、シャーベット、フロートなどを紹介していくという。

“抹茶ラテ”はもともとカフェショップなどで人気の高いメニューだったが、清涼飲料でも人気が高まってきた。8月17日からはサントリー食品インターナショナルのコーヒーブランドからも「クラフトボス 抹茶ラテ」(500mlPET)が発売される予定。今後も各社のカフェブランドからの新提案が続きそうだ。