ケンタッキーフライドチキン「1000円パック」イメージ

日本ケンタッキー・フライド・チキンは8月18日、「1000円パック」「1500円パック」を全国のケンタッキーフライドチキン(KFC)店舗で発売する(一部除く)。9月7日までの期間限定。

【関連記事】KFC「レッドホットチキン」2021年夏も再登場、「トロピカルレモネード」も同時発売

今回発売する商品は、ケンタッキーの「オリジナルチキン」「ポテト」を値引いて販売するセットメニュー。

「1000円パック」(以下税込)は、「オリジナルチキン」4ピースと「ポテトL」を組み合わせた商品。「オリジナルチキン」4ピースは通常980円、「ポテトL」は通常330円のため、合計通常価格は1310円。今回のパックでは310円値引く計算だ。

「1500円パック」は、「オリジナルチキン」5ピースと「ポテトBOX」を組み合わせたパック。「オリジナルチキン」は1ピース250円・4ピース980円のため、5ピースの通常価格は1230円、「ポテトBOX」の650円を足すと、合計通常価格は1880円。今回のパックでは380円値引く。

「1000円パック」「1500円パック」を購入した場合、「ポップコーンチキン」「ビスケット(2個)」を値引いて追加注文できる。パック1購入につき、何個でも追加注文可能。

「ポップコーンチキン」は7月21日に発売した、一口サイズのチキンメニュー。オリジナルチキンと同じスパイスで味付けしている。通常230円のところ、追加注文では200円で購入できる。ただし、数量限定のためなくなり次第終了。

「ビスケット」はハニーメイプルをかけて食べるケンタッキーの定番スイーツ。通常2個460円を、追加注文では2個300円で購入できる。 ケンタッキーフライドチキン「ポップコーンチキン」イメージ

ケンタッキーフライドチキン「ポップコーンチキン」イメージ

なお、日本KFCの直近の業績は、コロナ禍におけるテイクアウト需要の増加などを背景として好調に推移。2021年7月の既存店売上高は、コロナ前の2019年比で26.9%増、既存店客数は2019年比16.7%増と、大きく伸長している。