トロナジャパン「すき家 牛丼の具」

トロナジャパンは8月24日、秋季の家庭用冷凍食品の新商品14品とリニューアル品5品を9月1日から順次発売すると発表した。在宅時間の増加により、個食関連の商品は着実に売り上げを伸ばしている。今回の新商品では丼ぶりの具の新商品を7品投入して、更なる売り上げ拡大を図る。

取材に対して、安井晴彦部長は「当社らしさのある商品で更なる売上増につなげたい」と話した。

今回は、牛丼チェーン「すき家」を冠した「すき家どんぶりの具シリーズ」で、今まで販売してきた複数個入りタイプに加えて、個食タイプの商品を投入する。また、「豚とん生姜焼き丼の具」や「炭火やきとり丼の具」を加え、「すき家」で好評の「横濱カレー」も新たにラインアップに加える。「カレーに牛丼をかければ店と同じ味わいを楽しめる」(安井晴彦部長)という。

また、家庭で食事を摂る機会はテレワークの浸透などで増えている。そこで、食べ応えのある丼ぶりメニューとして「おかず三昧 ロースカツ丼の具」と「おかず三昧 味噌カツ丼の具」の2品も発売する。

冷凍食品の需要増により、トロナジャパンの2021年1〜6月の売上は、前年同期から2ケタ増になったという。コロナ禍に在宅機会は増え、一食完結型の商品やおかずなどは支持を広げている。今秋は好調な商品群などを拡充して更なる成長を目指す。10月からは「すき家どんぶりの具シリーズ」の新商品購入者を対象としたキャンペーンも予定している。新商品やリニューアル品は次の通り。

〈トロナジャパン 秋季家庭用冷凍食品 新商品〉
・「すき家 牛丼の具 120g」=これまでの小分けタイプに加えて、丼ぶりサイズに合わせた個食タイプを追加。9月1日発売。
・「すき家 豚とん生姜焼き丼の具 120g」=生姜の香りが食欲を掻き立てる、すき家監修の豚生姜焼き丼の具。9月1日発売。
・「すき家 炭火やきとり丼の具 120g」=炭火で焼き上げた香ばしいやきとりの味を楽しめる。9月1日発売。
・「すき家 横濱カレー」=野菜の旨みが溶け込んだ欧風カレー。「すき家 牛丼の具」をかければ店の味を家でも楽しめる。9月1日発売。
・「すき家 豚とん 生姜焼き丼の具 85g×2」=すき家監修の豚生姜焼き丼の具。おかずやおつまみなどにも利用できる。10月1日発売。
・「おかず三昧 ロースカツ丼の具」=三元豚ロース肉を使用したどんぶりサイズのカツ丼の具。レンジ調理でも卵が固まりにくくなるような調整を行った。9月1日発売。 トロナジャパン「おかず三昧 ロースカツ丼の具」

トロナジャパン「おかず三昧 ロースカツ丼の具」

・「おかず三昧 味噌カツ丼の具」=味噌だれとご飯の相性を追求した商品。ご当地感を感じてもらえるメニューとして投入する。9月1日発売。
・「おかず三昧 ジューシーチキンナゲット」=粗くミンチした鶏肉を使用し、冷めてもやわらかくジューシーな味わいとなっている。10月1日発売。
・「おかず三昧 やみつき骨付きチキン」=黒こしょうや白こしょう、ニンニクで味付けし、おつまみにも最適な商品。9月1日発売。
・「おかず三昧 さばの味噌煮」=国産さばをコクと旨みが特徴の赤味噌タレで味付けした。10月上旬発売。
・「おかず三昧 ミールキット 回鍋肉」=甜面醬や豆板醤、豆鼓醤と酒醸を使用した特製ダレを採用している。9月1日発売。
・「炙り仕上げ さば塩焼」=炙り仕上げで香ばしく焼き上げた、ひとくちサイズ商品。9月1日発売。
・「5種の野菜入りコロッケ」=ジャガイモやカボチャなど5種類の北海道野菜を使用している。9月1日発売。
・「うどんやそばにトッピング えび天」=レンジで温めて、うどんやそばの上にのせるだけでトッピングを楽しめる。9月1日発売。

 

〈トロナジャパン 秋季家庭用冷凍食品 リニューアル品(すべて自然切替)〉
・「おかず三昧 満足海老フライ」
・「おかず三昧 若鶏の照り焼き」
・「おかず三昧 海老フライ」
・「おかず三昧 こだわりソースいかフライ」
・「おかず三昧 こだわりソース 白身魚フライ」
 
〈冷食日報2021年8月25日付〉