和食さと“天丼半額”(2021年9月)

サトフードサービスが展開する和食レストラン「和食さと」は、9月1日から2021年「秋のお持ち帰りキャンペーン」を開始した。テイクアウト限定で、秋の味覚・松茸を豪華に使用した弁当などの新商品5品を特価販売するとともに、8月にも実施した「半額キャンペーン」を同時開催し、「天丼」などの半額提供を実施している。

キャンペーンの開催期間は9月30日まで。国内の「和食さと」全店を対象とする。各メニューの販売時間は11時から22時まで。ただし、新型コロナウィルス感染症の拡大に伴う時短要請により、一部店舗では20時または21時まで。

〈関連記事〉和食さと 65歳以上限定「さとシニアくらぶ」始動、3%割引・スタンプ特典などの会員サービス、紙製カードでスマホ持たない高齢者にも 和食さと 2021年「秋のお持ち帰りキャンペーン」メニュー

和食さと 2021年「秋のお持ち帰りキャンペーン」メニュー

 
半額対象となる「天丼」は海老天2尾などをのせた定番テイクアウトメニュー。米粉入りの特製天ぷら粉を使用し、注文ごとにひとつひとつ丁寧に揚げている人気商品だという。通常価格646円(以下税込)のところ、およそ半額の322円で提供する。3種類の焼とりを盛り合わせた「焼とり盛り合わせ(タレ)」は、通常430円のところ214円。
 
特価メニューの新商品5品は、松茸を使用した「松茸入 秋のすき焼き重」「松茸ご飯ときのこハンバーグ弁当」「秋のよくばりダブル丼」と、「舞茸天おろしそば」「舞茸天おろしうどん」。
 
「松茸入 秋のすき焼き重」は特別価格862円。特製の割り下を使用した濃厚な味わいが特徴のすき焼きに、香り高い松茸を添えた。和食さとは「季節感のある鳴門金時のレモン煮もご一緒にお楽しみください」と提案している。
 
「松茸ご飯ときのこハンバーグ弁当」は特価754円。秋らしさを感じる「松茸ご飯」と、“ふっくらジューシー”な「ハンバーグ」を組み合わせた。
 
「秋のよくばりダブル丼」は特価646円。松茸の天ぷらと海老天や秋の野菜天ぷらが入った「天丼」と、牛ロースステーキをオーダーごとに丁寧に焼いた「牛ステーキ丼」の豪華ダブル丼。
 
「舞茸天おろしそば」「舞茸天おろしうどん」はそれぞれ特価538円。舞茸の天ぷらと海老天をのせて、さっぱりと大根おろしで食べる冷たい麺メニュー。
 
なお、「和食さと」は2021年7月現在、国内に207店舗を展開。持株会社・SRSホールディングスの2022年3月期第1四半期決算説明資料(2021年8月5日発表)によると、和食さとなど主力業態の既存店業績は、コロナ禍による時短営業などの影響を受け、不安定な売上高が継続。
 
和食さとでは、来店頻度の向上やテイクアウト・デリバリー需要の拡大に向け、テイクアウト商品や季節商品・食べ放題メニューを対象とする特別割引キャンペーン、デリバリー対象店舗の拡大(2021年6月末時点145店舗)、公式アプリの来店スタンプカード機能追加、65歳以上向けの「さとシニアくらぶ」運用などの施策を展開している。