KFC「ツイスター」イメージ(ペッパーマヨ・てりやき・スパイシータコス)

日本KFCホールディングスグループの日本ケンタッキー・フライド・チキンは10月13日、全国の「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」店舗で、「スパイシータコスツイスター」を発売する。単品税込340円。数量限定で、なくなり次第販売終了。一部、取り扱いのない店舗がある。

【関連記事】KFC「シェアBOX」1500円、オリジナルチキン・カーネルクリスピー・骨なしケンタッキー・ナゲットから2種類/ケンタッキーフライドチキン

ケンタッキーフライドチキンの「ツイスター」シリーズは、「カーネルクリスピー」と野菜・ソースなどをトルティーヤで包んだ“お手軽ケンタッキー”。片手で食べられるラップサンドだ。2001年に初登場し、2021年で20周年を迎えた。定番は「ペッパーマヨツイスター」と「てりやきツイスター」の2品。不定期に期間限定メニューの販売も実施している。

今回の期間限定メニュー「スパイシータコスツイスター」は、“タコスおいしさの決め手”であるフィリング(具材)として、国内産鶏胸肉と玉ねぎ、赤ピーマン、トマトなどを、8種のスパイスとハラペーニョで“ピリッと本格的な味わい”に仕上げたものを使用しているという。KFCによると、「ひと口頬張ると、スパイシーなタコスフィリングと風味豊かな3種のチーズ、『カーネルクリスピー』が絶妙なバランス」。注文を受けてから店舗で手づくりし、“新鮮なおいしさ”を届ける。

「スパイシータコスツイスターボックス」(税込860円)と「スパイシータコスツイスターセット」(税込660円)も同時発売。「スパイシータコスツイスターセット」は10時から16時までの時間帯、“ランチ価格”の550円で提供する。日本KFCは、「慌ただしい日こそ、KFCの『ツイスター』で、手軽にバランス良く、ちゃんとランチしませんか?」などと呼び掛けている。

なお、KFCの「ツイスター」シリーズに入っている「カーネルクリスピー」は、国内産鶏胸肉を使用した、“サクサク衣”の骨なしチキン。天ぷらから発想を得て開発した、日本オリジナルメニューのひとつだ。 KFC「カーネルクリスピー」

KFC「カーネルクリスピー」

 
【KFC「スパイシータコス」関連商品概要(価格は税込)】
◆「スパイシータコスツイスター」単品340円
 
◆「スパイシータコスツイスターセット」660円(ランチ価格550円=10〜16時)
スパイシータコスツイスター、ポテト(S)、ドリンク(M)
 
◆「スパイシータコスツイスターボックス」860円
スパイシータコスツイスター、骨なしケンタッキー、ポテト(S)、ドリンク(M)、ミニアップルパイ