スシローの恵方巻「特上海鮮太巻」

スシロー・くら寿司・はま寿司・かっぱ寿司の各回転寿司チェーンでは、2月3日の節分に向けて“恵方巻”の予約を受け付けている。豪華ネタをふんだんに使った太巻きから、1種の具材で手軽に食べられる細巻。子どもに人気なネタを使った恵方巻や、人気キャラクターブランドとのタイアップ恵方巻などが揃う。

スシローは、豪華ネタを使った太巻きや子供向け商品を取り揃える。目玉商品「特上海鮮太巻」(750円、以下税込)は、寒ぶりや鯛、上穴子、いくらなど12種の具材を使用。そのほか、7種の具材が入った一番人気の商品「上太巻」(420円)、ごま油の風味が特徴の「キンパ太巻」(420円)。子供向けの「小巻セット」(500円)は、ねぎまぐろ巻・えび胡たまごマヨ巻・牛塩カルビレタス巻の3本をセットにしている。

【関連記事】スシローの恵方巻2022予約開始、寒ぶりや鯛など12種のネタ入り「特上海鮮太巻」750円など スシロー“すし屋の本格恵方巻”

スシロー“すし屋の本格恵方巻”

くら寿司は、リーズナブルな恵方巻のほか、人気キャラクターブランド「BT21」とのタイアップ恵方巻など、最も多い6種類をラインアップ。ほとんどの商品が約10cmと短めなのも特徴だ。価格が最も安い「まるかぶり細巻」は、鉄火巻・きゅうり巻・納豆巻で各110円。「BT21恵方巻3種セット」(990円)は、えびたま巻・サラダ巻・たっぷりお肉巻の3本セットで、海苔ではなく野菜を使ったカラフルなシートで巻いている。「BT21」のキャラクターが描かれた特製フィルムやシール付き。そのほか「豪華かに太巻」(380円)、「七福巻」(250円)、「たまご巻」(250円)、「えびマヨ巻」(250円)。
 
【関連記事】くら寿司 2022年恵方巻は1月4日予約開始、「BT21」シール付き恵方巻も

くら寿司 恵方巻

くら寿司 恵方巻

はま寿司は、えびやいくら、とびこ、まぐろたたきなど9種類の具材を使った「特上海鮮恵方巻」(637円)を取り揃える。そのほかは、細巻が4本セットになった「まぐろたたき巻」「鉄火巻」「納豆巻」「かっぱ巻」(各4本、388円)。
 
【関連記事】はま寿司の恵方巻2022、9種類の具材「特上海鮮恵方巻」637円など、“お得な3倍盛”「山盛りカリカリポテト」も節分向けに提案

はま寿司 恵方巻

はま寿司 恵方巻

かっぱ寿司は、豪華ネタを使った高価格帯の恵方巻を取り揃える。大えびや中とろ、うなぎ、いくらなどを巻いた「豪華11種の海鮮恵方巻」(1,058円)は、海鮮丼を食べているかのような満足感を得られる一本だという。そのほか、7種類の具材を使った「かっぱ寿司の特選恵方巻」(421円)、各店舗50本限定の「天然本鮪の恵方巻」(810円)。
 
【関連記事】かっぱ寿司2022年“恵方巻”予約開始、豪華11種の海鮮恵方巻・天然本鮪の恵方巻など

かっぱ寿司 恵方巻

かっぱ寿司 恵方巻

なお、2022年の恵方は「北北西やや北」。恵方巻きは節分に食べる巻き寿司で、その年の吉をもたらす方角(恵方)を向いて、黙って願い事をしながら1本を丸かじりするもの。切らずに丸ごと食べるのは、縁を切らないという縁起を担いでいるからだという。