ニチレイフーズ「冷やし中華」

ニチレイフーズは1月14日、2022年春季新商品を発表した。家庭用冷凍食品ではレンジ調理でそのまま冷たく仕上がる「冷やし中華」を発売する。パーソナルユース需要の高まりへの対応として、これまでになかった技術を使った調理麺でアプローチする。

2022年春季は家庭用が冷凍で新商品13品、リニューアル品7品(うちパッケージリニューアル2品)、常温で新商品1品、そして業務用が新商品21品、リニューアル品8品。家庭用はすべて3月1日に全国発売。業務用は3月1日〜4月1日にかけて発売する。

家庭用冷食の目玉商品は「冷やし中華」(1人前360gうち麺200g)だ。電子レンジで冷たい麺メニューが仕上がる新製法を開発した。氷がマイクロ波の影響を受けにくいという特性を利用している。

トレー入りの冷凍中華麺の上に氷を乗せ、具材は取り外し可能な2段トレーにセットしている。別添のたれを取り出して、麺と具材をレンジで2分50秒(600W)加熱する。この時ラップは不要だ。溶け残った氷と冷たいたれを麺に混ぜ合わせることで、冷たい麺が出来上がる。そこに具材をトッピングして完成する。

ニチレイフーズは「新、体感」として、「冷やし中華」の次の3つの特徴を挙げている。〈1〉冷たく仕上がる技術(特許出願済)、〈2〉コシのある自家製麺、〈3〉具材感を演出する2段トレー。麺は自社工場で打ちたてを急速凍結し、生麺のようなのど越しの良い食感を実現。具材は自家製煮豚、錦糸卵、きざみオクラ、紅ショウガの4種を間仕切りトレーにセットしている。また醤油だれには3種類の酢を使用し、奥深い味わいに仕上げている。

今年2月に増設稼働する山形工場で生産する。今回は調理麺への参入といえるが、主眼はパーソナルユースへの対応だと強調する。山形工場はフレキシブルなライン構成になっているため、今後、麺にはこだわらないとしている。戦略カテゴリーの新商品は次の通り。

米飯では炒飯のバリエーションを増やす目的で「黒醤油炒飯」(430g)を、天然の真穴子を使ったちょっと贅沢な専門店品質の「焼あなごおにぎり」(4個320g)も新発売する。チキンではこれまで東日本限定発売していた「むねから」を全国発売にする。

今川焼は「抹茶クリーム」「クリームチーズ(はちみつ入り)」(各5個入315g)の2品。新規需要創造への挑戦としては、パーソナルユース需要を狙う「冷やし中華」のほか、食卓・家飲み・ミールキットに新商品を投入する。

食卓のおかずとして「スープ溢れる 絶品小籠包」(4個120g)を新発売する。あふれ出すスープが特徴で、専門店品質を実現した。中具には九州産黒豚を使用している。

家飲みにはトップシールトレーの「今日は家飲みシリーズ」を拡充。「青菜とニンニクの炒め」「手羽唐揚げ」(各110g)の2品追加する。

ミールキットは2人家族をターゲットに、鍋で調理する煮物を発売する。「肉じゃが」「豚バラ大根の煮物」(各230g)の2品。ミールキットはフライパン調理品を展開してきたが、冷凍食品売場からのミールキットの発信力がまだ弱いことから、さまざまなメニューで価値を伝えていく考えだ。

健康視点から冷凍フルーツの「ニチレイアセロラ」(100g)を新発売する。冷凍フルーツは久しく取り扱っていなかった。ニチレイフーズはアセロラ事業でブラジルとベトナムに自社工場をもつが、今回はベトナム原料を使用、種を取り、やさしい甘みをつけて食べやすくした。

<冷食日報2022年1月17日付>