くら寿司「とろといくらフェア」メニューの一部

回転寿司チェーン「くら寿司」は4月22日から、「とろといくらフェア」を開催する。

通常料金の半額110円で販売する「極み熟成 中とろ」のほか、「とろカジキ」「極上大粒いくら」や、中とろ・いくら・うにの3貫をセットにした「絶品手巻き」などを取りそろえる。各フェアメニューの販売期間は5月5日までだが、なくなり次第終了する。

【関連記事】くら寿司「名探偵コナン」びっくらポングッズはラバーアクセサリー・缶バッジ・クリアハードシール計21種類、映画「ハロウィンの花嫁」公開で

「極み熟成 中とろ」(1貫110円、以下税込)は、産地などを厳選したマグロの中とろ部分から、より脂乗りが良い部分を使用しているという。通常は1貫220円のところ、フェア期間中は110円で提供する。 「極み熟成 中とろ」/くら寿司「とろといくらフェア」

「極み熟成 中とろ」/くら寿司「とろといくらフェア」

「とろカジキ」(2貫220円)は、天然メカジキの中でも、脂乗りの良い魚体のみを選定。血合いを丁寧に取り除いており、クセがなくて食べやすく、口の中でとろけるような味わいと脂の旨味を楽しめるという。

「とろカジキ」/くら寿司「とろといくらフェア」

「とろカジキ」/くら寿司「とろといくらフェア」

「とろといくらフェア」の目玉である「極上大粒いくら」(2貫220円)は、大粒の厳選したいくらのみを使用。同じく今回のフェアメニュー「こぼれいくらサーモン軍艦」などで使っている通常サイズのいくらと比べると、その差は歴然だ。特製醤油で味付けし、プチっとした食感と濃厚な旨味が楽しめる。

「極上大粒いくら」「こぼれいくらサーモン軍艦」/くら寿司「とろといくらフェア」

「極上大粒いくら」「こぼれいくらサーモン軍艦」/くら寿司「とろといくらフェア」

「国産 絶品真ハタ 塩レモン」(2貫220円)は、塩を振って旨味を引き出した、愛媛県産の真ハタを使用。もっちりとした食感と強い旨味が特徴。養殖期間の長さと技術面の難しさから、生産数が少ない“幻の養殖魚”とも言われている。好みでレモンを絞り、ポン酢をつけて食べるのがおすすめだという。

「国産 絶品真ハタ 塩レモン」/くら寿司「とろといくらフェア」

「国産 絶品真ハタ 塩レモン」/くら寿司「とろといくらフェア」

3貫を盛り合わせた「絶品手巻き(いくら・とろ・うに)」(3貫690円)は、高級食材を使い、見た目の華やかさにもこだわった「極みの逸品シリーズ」として販売するもの。いくらは厳選した大粒のみを使い、とろは脂乗りのよい部分を厳選した「熟成中とろ」を使用。うには添加物のミョウバンを使っていないため、うに本来の濃厚な旨味を味わえるという。海苔はほかのメニューと同じく有明産を使用しているが、巻いていないため、パリパリな食感と香ばしさが楽しめるのも特徴だ。

「絶品手巻き(いくら・とろ・うに)」/くら寿司「とろといくらフェア」

「絶品手巻き(いくら・とろ・うに)」/くら寿司「とろといくらフェア」

「とろといくらフェア」ではそのほかに、サーモンといくらを合わせた海鮮親子丼のような「こぼれいくらサーモン軍艦」(2貫220円)や、えび天2本とエビマヨを巻いた「2倍 えび天手巻き」(1本110円)、4種のチーズソース(ゴーダ・チェダー・マスカルポーネ・カマンベール)にレッドチェダーチーズを合わせた「あぶりダブルチーズ イベリコ豚大とろ」(2貫220円)なども提供する。
 
なお、くら寿司では5月8日までのゴールデンウィーク期間限定で、持ち帰り寿司「豪華セット(1人前、1520円)」「豪華三種セット(1人前、1320円)を販売する。
 
「豪華セット」の内容は、極み熟成中とろ・厳選上サーモン・赤えび・ふっくらあなご・味付けいくら・かにフレーク。「豪華三種セット」には、極み熟成中とろ・赤えび・かにフレークが入っている。
 
〈くら寿司「とろといくらフェア」メニュー 一部抜粋(税込価格)〉
※一部店舗では価格が異なる。
・「極み熟成 中とろ」(1貫110円)
・「とろカジキ」(2貫220円)
・「極上大粒いくら」(2貫220円)
・「こぼれいくらサーモン軍艦」(2貫220円)持ち帰り不可
・「国産 絶品真ハタ 塩レモン」(2貫220円)
・「絶品手巻き(いくら・とろ・うに)」(3貫690円)持ち帰り不可・数量限定
・「2倍 えび天手巻き」(1本110円)持ち帰り不可
・「あぶりダブルチーズ イベリコ豚大とろ」(2貫220円)
 
◆くら寿司「とろといくらフェア」ページ

くら寿司「とろといくらフェア」メニュー

くら寿司「とろといくらフェア」メニュー