「ギョー育TV」に錦鯉が出演(味の素冷凍食品公式YouTubeチャンネル)

味の素冷凍食品は「ギョーザ」で食を学ぶ教育番組「ギョー育TV」を同社公式YouTubeチャンネルで公開した。2021年M-1グランプリ王者のコンビ、錦鯉(にしきごい)が出演する。こどもの日、母の日、父の日それぞれに合わせて動画を公開していく。

【関連記事】味の素冷凍食品「ギョーザ」改良重ねて50周年 いち早く油と水を使わず作れる餃子を開発〈ブランドの創りかた〉

「ギョー育TV」は、発売50周年を迎えた「ギョーザ」が“子どもの好きな料理NO.1”になることを目指し、食育の観点から「ギョーザ」を通して食の学びや料理の楽しさ、家族と食卓を囲む時間の大切さを伝える教育番組。コロナ禍を経て変わりゆく家庭の食卓をサポートし、「ギョーザ」が子どもの身体と心の成長の一助になることを目的に制作した。

番組には今年「ギョーザ」と同い年の50歳になる錦鯉の長谷川雅紀さんと、相方の渡辺隆さんがコンビ揃って出演している。

4月28日に先行公開した「何も読まずに宣誓するぞ!」篇では、長谷川さんが渡辺さんとともに、餃子を頭にのせて登場し、“子どもの好きな料理NO.1”を目指すと宣言。5月2日に公開した「子どもってすごいこと言うね!」篇では、錦鯉のふたりが子どもたちの様々な悩みを聞きながら、最後は「ギョーザ」を一緒に食べて、子どもたちに笑顔と元気を届ける。全力で相談に乗るあまり、少し空回ってしまう長谷川さんと、すかさずツッコミを入れる渡辺さんのテンポの良い掛け合いも見どころ。

母の日と父の日はそれぞれ、錦鯉のふたりの応援のもと、子どもたちが「ギョーザ」を焼くことにチャレンジし、両親に振る舞う様子などを届ける。

味の素冷凍食品が2022年4月に3歳〜12歳の計600人の子どもを対象に行った「子どもの好きな料理」に関する調査では、1位がカレー、2位がフライドポテト、3位がハンバーグなどとなり、餃子は12位という結果だった。この結果を受け同社は「餃子がより多くの子どもに喜んでもらえるメニューとなるため、Web教育番組『ギョー育TV』を始動し、“子どもの好きな料理NO.1”を目指す」としている。

〈冷食日報2022年5月2日付〉