かっぱ寿司「プレミアム丼プリン」「プレミアムホイップ丼プリン」

回転寿司チェーン「かっぱ寿司」は5月16日、全店で「プレミアム丼プリン」「プレミアムホイップ丼プリン」を発売した。

【関連記事】かっぱ寿司「天然魚祭り」フェア、天然本マグロ・メバチマグロ食べ比べ、九州産アジや金華鯖も登場

「本気寿司シリーズ」“やんちゃ企画”第7弾商品。4月に期間限定発売したシリーズ第6弾「やんちゃなどんぶり茶碗蒸し」に続く“番外編”として、寿司ではなく人気スイーツ「プレミアムプリン」「プレミアムホイッププリン」を“やんちゃサイズ”にした。

直径約120mm、重量は通常商品の約2倍となる200g、各税込385円。プレーンタイプ(ホイップなし)には、キャラメルクランチをトッピングに添えており、「カリカリ食感」のアクセントも楽しめる。通常サイズの「プレミアムプリン」「プレミアムホイッププリン」は各税込275円なので、2個頼むよりは「丼プリン」が断然お得な設定だ。 かっぱ寿司「プレミアム丼プリン」

かっぱ寿司「プレミアム丼プリン」

 
かっぱ寿司は今回の“丼プリン”2品について、「スプーンではなくタッチパネルからレンゲをご注文いただき、大きな一口で豪快に召し上がっていただくのがおすすめの食べ方」だとしている。テイクアウト(持ち帰り)不可。5月22日までの期間限定販売。“どうしても多く作る事が難しいため”一日ごとに数量限定で販売し、なくなり次第終了する。
 
“丼プリン”の元になっている、かっぱ寿司の「プレミアムプリン」「プレミアムホイッププリン」は、あわせて1日約8000個以上、年間300万個以上食べられている人気商品だという。かっぱ寿司を運営するカッパ・クリエイトの商品開発部によると、「丼プリン」の開発は、2年前にも着手したことがあった。しかし、大きさのあまり滑らかさを維持して固まらなかったり、店舗でのオペレーション負荷が高すぎたりとハードルが高く、当時は開発を断念。「いつか必ずリベンジを!」と思っていた中、“やんちゃ企画”第6弾で実施した『やんちゃな茶碗蒸し』での検証や導入経緯を活かして再チャレンジし、2年越しに念願の販売に至ったという。
 
【4月発売商品】かっぱ寿司「やんちゃなどんぶり茶碗蒸し」重量2倍300g、エビ・カニ・イクラと和風あん追加で「うまさもパワーアップ」/かっぱのやんちゃ盛り第6弾・番外編
 
なお、かっぱ寿司の「本気寿司シリーズ」“やんちゃ企画”は2021年11月に始動。かっぱ寿司店内の食事に「もっと“驚き心”と“遊びゴコロ”を!」をコンセプトに、「かっぱ寿司にしかできない」「かっぱ寿司だから出来る」思わず二度見してしまうちょっと“やんちゃ”している商品でありながらも“うまい!”魅力的な商品」を目指し、“やんちゃ盛り”メニューを展開してきた。
 
これまでに発売したシリーズ商品は第1弾「やんちゃ盛りサーモンいくら」、第2弾「やんちゃなエビフライ積み積みタルタル盛り」、第3弾「カミナリマウンテンサラダ軍艦三昧」、第4弾「やんちゃな大海鮮手巻き寿司」、第5弾「肉にく山タワー寿司」、そして第6弾「やんちゃなどんぶり茶碗蒸し」。TVやSNSでは「やんちゃすぎる!」「見た目だけじゃなくて味もおいしい!」「豪華なのにお得!」などの反響を得たという。

かっぱ寿司「プレミアム丼プリン」「プレミアムホイップ丼プリン」

かっぱ寿司「プレミアム丼プリン」「プレミアムホイップ丼プリン」