ケンタッキーフライドチキン「創業記念パック」イメージ

日本ケンタッキー・フライド・チキンは6月8日、「創業記念パック」を全国のケンタッキーフライドチキン(KFC)店舗で発売する。7月5日までの期間限定販売。一部店舗では販売しない。

【関連記事】KFC 最大490円引き「トクトクパック」登場、チキンと選べるサイドメニューの組み合わせ、賀来賢人「今日、ケンタッキーにしない?」

「創業記念パック」は、日本KFCの創業日(7月4日)を記念した年に一度の値引きメニュー。ケンタッキーは1970年3月に、大阪万博の実験店として日本に初上陸。その後、創立地であるアメリカ合衆国へ敬意を表し、アメリカ独立記念日と同日の1970年7月4日に日本KFCを創業している。今回の“創業記念”では、「1000円パック」「1500円パック」の2種類を販売する。

「創業記念1000円パック」は、「オリジナルチキン」3ピースと「カーネルクリスピー」2ピース、「ビスケット」が入ったセット商品。通常合計価格・税1430円のところ、430円値引いた税込“1000円”で提供する。

「創業記念1500円パック」は、オリジナルチキン」5ピースと「カーネルクリスピー」2ピース、「ビスケット」2個が入ったセット商品。通常価格税込2150円のところ、650円値引いた税込“1500円”で提供する。

各「創業記念パック」を注文した場合、対象のサイドメニューを値引き価格で注文可能。対象となるのは、「ポテト(S)」2個、「ビスケット」2個、「チョコパイ」2個。それぞれ通常価格・2個税込460円を、税込300円で追加注文できる。パック1注文につき、何個でも追加可能。

【関連記事】KFC「ポテト」復活! 全店販売の再開を発表/ケンタッキーフライドチキン

なお、「オリジナルチキン」は、ケンタッキーフライドチキン創業者カーネル・サンダースの編み出した秘伝のレシピを守り、店舗で1ピースずつ手づくり調理している。国内産の生のチキンに11種類のハーブ&スパイスで味付けし、圧力釜を使って圧力をかけながら揚げることで、こだわりのおいしさに仕上げているという。