スターバックスコーヒージャパンは11月30日、一部を除く全国のスターバックス店舗で、期間限定ドリンク「バターキャラメル ミルフィーユ フラペチーノ」「バターキャラメル ミルフィーユ ラテ」を発売する。販売期間は12月25日までだが、なくなり次第終了。

【関連記事】スタバ「ストロベリーベルベットブラウニー」フラペチーノ・モカや「クレームブリュレラテ」「ジンジャーブレッドラテ」など同時発売/スターバックス ホリデーシーズン2022

12月6日には「ダーク モカ チップ クリーム フラペチーノ『Love & Happiness』カスタマイズ」を発売する。シンガー・ソングライターの平井大さんが制作したスターバックスホリデープログラムソング「Love & Happiness(Let’s Be a Santa)」の公開に合わせて販売するもの。

スターバックスホリデープログラムソング「Love & Happiness (Let’s Be a Santa)」を制作した平井大さん

【関連記事】スタバのホリデーグッズ2022第1弾 タンブラーやカップ・ベアリスタ、“おもちゃが動き出しそうなクリスマスの夜”テーマに/スターバックス

11月30日発売の「バターキャラメル ミルフィーユ」フラペチーノ・ラテは、12月25日のクリスマスまで開催する“スターバックスのホリデーシーズン2022”の第2弾商品。ホリデーシーズン2022年のテーマは「Let’s Be a Santa(みんなでサンタになろう)」。期間中のドリンク売り上げの一部は、「認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ」を通じ、地域の子どもたちにスターバックスのフードなどをセットにした“ホリデーセット”として寄付する。

スターバックス ホリデーシーズン2022「Let’s Be a Santa」

「バターキャラメル ミルフィーユ フラペチーノ」は、「ミルフィーユ」をモチーフにした2つの食感を楽しめるフローズンドリンク。ミルフィーユの層のようにクレープ生地を薄く伸ばして焼き砕いた“パリパリ”食感のフィアンティーヌに、“ザクザク”食感のパイクラムをあわせている。

キャラメルペーストを隠し味に加えた“コク深い甘みのあるカスタードソース”をベースに、カップの内側とトッピングには「バターキャラメルソース」をかけ、香ばしいキャラメルとコク深いバターの味わいを楽しめるという。Tallサイズのみ。テイクアウト678円、店内690円。

【関連記事】スタバのホリデーフード2022第1弾 ポーチ付きシュトーレン、クランベリーブリスバー、ストロベリーのもちもちクレープケーキなど発売/スターバックス

「バターキャラメル ミルフィーユ ラテ(Hot/Iced)」は、“香ばしくコク深い”バターキャラメルソースの味わいが特徴のラテ。バターキャラメルソース、カスタードソース、エスプレッソに“優しい甘さ”のスチームミルクを合わせている。トッピングには、“パリパリ”のフィアンティーヌと“ザクザク”のパイクラムをかけている。テイクアウトはShort 540円、Tall 579円、Grande 624円、Venti 668円。店内はShort 550円、Tall 590円、Grande 635円、Venti 680円。

〈「ダークモカチップクリームフラペチーノ『Love & Happiness』カスタマイズ」も発売〉

12月6日から販売する「ダーク モカ チップ クリーム フラペチーノ『Love & Happiness』カスタマイズ」は、平井大さんがもつ、アメリカンな雰囲気を、チョコレートフレーバーのフラペチーノで表現している。チョコレートと相性がよいアーモンドミルクを使い、冬に最適なコク深い味わいに仕上げたという。「まるでアーモンドチョコレートを思わせるこの1杯は、平井大さんの耳に残るやさしい歌声のように、チョコレートの美味しさが口の中にやさしく残ります」(スターバックスコーヒージャパン)。テイクアウトはTall 609円。店内はTall 620円。

スターバックス「ダークモカチップクリームフラペチーノ『Love & Happiness』カスタマイズ」

【関連記事】「マックフルーリー」プレッツェルキャラメル発売、ストロベリーココアクッキーも、“ホリデーシーズン”デザインカップで/マクドナルド

平井大さんの楽曲『Love & Happiness (Let’s Be a Santa)』は、11月28日から各サブスクリプション(音楽ストリーミングサービス)で配信される。また、一部を除く全国のスターバックス店舗では、ホリデー第2弾が開始する11月30日から、店舗BGMに使用される。ホリデーらしい華やかなメロディーに、「今年もお気に入りのラテを持ってキミに会いに行こう」「一緒にいよう キミのサンタはボクさ」など、スターバックスらしさやテーマの「Let’s Be a Santa」を感じられる言葉が歌詞となっている。