くら寿司は9月22日、「日本の漁業を応援」キャンペーンを開始する。

【関連記事】かっぱ寿司『かっぱの厳選100円祭り〜秋祭り編〜』開催、「北海道産サクラマスたたきの親子包み」「大切りびん長まぐろはらみ」など発売

「くらの逸品シリーズ」特別企画第1弾。「国産肉厚ほたて(一貫)」を全国発売する。「日本の漁業を応援」キャンペーンは、地域の国産天然魚をもっと手軽においしく楽しんでもらうために実施するという。

「くらの逸品シリーズ」では、全国22グループの各地域で漁獲された地魚を、各地域を担当する加工場で加工し、地域内の各店舗で提供している。各地域で“旬の地魚”を楽しむ「地魚地食(じざかなじしょく)」の取り組みだ。

くら寿司「くらの逸品シリーズ」ロゴと日本の漁業者たち

今回発売する「国産肉厚ほたて(一貫)」は、“シャリを覆い隠すほど”の大きなホタテを使用。柔らかく甘みがあり、食べ応えがあるだという。税込280円。ただし一部店舗では価格が異なる。予定数量に達し次第、販売終了。

くら寿司「国産肉厚ほたて(一貫)」

くら寿司はこれまで、日本での水産物漁獲量の減少を背景に、漁業創生の取り組みに力を入れてきた。2010年にスタートした「天然魚プロジェクト」では、漁港で獲れる魚を直接買い付け、独自ルートで配送。新鮮な国産天然魚をより安く、よりおいしい寿司ネタとして提供するだけでなく、漁業者の収入安定化を図り、共存共栄を目指している。

くら寿司は「今後も日本の漁業者様と共存共栄を図りながら、国内水産業の持続的な発展を共に推進するとともに、日本の漁業創生への取り組みを積極的に行ってまいります」などとしている。