吉野家は12月1日、クリスマスを含む12月に「から揚げ」のキャンペーンや新商品の展開を行うと発表した。

【関連記事】松のや「チキン南蛮」12月6日発売、特製チキン南蛮タレとタルタルソースをふんだんに使用、松屋フーズでは「事前決済おトク祭り」でポイント還元キャンペーンも実施中

施策は3点でいずれも12月1日に開始する、〈1〉「お得な価格で提供」、「から揚げ」全商品を10%オフする「から揚げ祭」を開始〈2〉「トッピングメニューに新味登場」、新商品「ヤンニョムから揚げ丼」「ヤンニョムから揚げ定食」の販売を開始〈3〉「クリスマスを彩るテイクアウト限定商品」、「から揚げツリーパーティーキット」の予約受付を開始――する。

吉野家 「から揚げツリーパーティーキット」発売

いずれの施策も、新店舗フォーマット「クッキング&コンフォート」や「テイクアウト・デリバリー専門店」を含む全国の吉野家のうち「から揚げ」を販売している約870店舗(一部店舗除く)が対象となる。

◆「から揚げ」全商品を10%オフ

12月1日から12月25日の夜8時まで、「から揚げ」全商品を10%オフで提供している。店内飲食とテイクアウトの両方が対象。「から揚げ定食」や「W定食(牛皿・から揚げ定食)」など定食は、ごはん増量・おかわりが無料となる。

テイクアウト限定商品の「W弁当(牛皿・から揚げ弁当)」は、ごはんの増量を無料で行う。

吉野家 「から揚げ祭」主な対象商品表

テイクアウトの場合は、アルミホイルを少しクシャクシャにして、その上に「から揚げ」を置き、オーブントースターで4分から5分程度温めると余分な水分が飛んでカリッと仕上がるという。

◆新商品「ヤンニョムから揚げ丼」「ヤンニョムから揚げ定食」発売

12月1日から「ヤンニョムから揚げ丼」「ヤンニョムから揚げ定食」の販売を開始する。これまで展開していた「タルタル南蛮から揚げ丼」「タルタル南蛮から揚げ定食」に加えて新商品を発売し、毎日食べても食べ飽きないバリエーション展開に注力する。

「ヤンニョムから揚げ丼」は並盛、アタマの大盛、大盛、特盛の4種類、「ヤンニョムから揚げ定食」は並盛、大盛、特盛の3種類を発売する。吉野家の「ヤンニョムソース」は、コチュジャンと醤油のうまみに、にんにくを効かせた甘辛味のソース。丼と定食に加えて、「ヤンニョムソース」も販売する。「ヤンニョムから揚げ丼」「ヤンニョムから揚げ定食」も「から揚げ祭」の対象商品。

「ヤンニョムから揚げ丼」の店内価格は、並盛税込(以下同じ)655円(テイクアウト643円)、アタマの大盛776円(同761円)、大盛842円(同826円)、特盛974円(同954円)。

吉野家 「ヤンニョムから揚げ丼」

「ヤンニョムから揚げ定食」の価格は、並盛798円、大盛908円、特盛1018円。テイクアウトはできない。

吉野家 「ヤンニョムから揚げ定食」

「ヤンニョムソース」は店内110円、テイクアウト108円。

◆クリスマスのテイクアウト限定商品「から揚げツリーパーティーキット」予約受付開始

吉野家は、今年初めて「から揚げツリーパーティーキット」税込1941円を販売する。「から揚げ」9個と星型のお麩、ポテトサラダ、生野菜サラダ、ブロッコリー、ケチャップがセットになったキットに、ツリーを作る際に使用する爪楊枝、手袋が同梱されている。高さが出るように盛り付けたポテトサラダの周りに「から揚げ」を爪楊枝でさして、星型のお麩やブロッコリーなどで彩りよく盛り付けると、「から揚げツリー」が出来上がるという。

吉野家 「から揚げツリーパーティーキット」セット内容

「から揚げツリーパーティーキット」は、12月22日午前11時から12月25日午後11時の期間中に受け取れるテイクアウト限定商品。事前予制約制で、予約期間は12月1日から12月23日まで。指定受取日の2日前までに、受取を希望する店舗へ電話か店頭で注文する。

「から揚げツリーパーティーキット」は「から揚げ祭」の対象外。

吉野家 「から揚げツリーパーティーキット」盛り付け例

◆「から揚げ」を「牛丼」に続く看板商品に

吉野家は、「牛丼」に続く看板商品に「から揚げ」を掲げているという。吉野家では、「から揚げ」をオリジナリティとクオリティが高い商品へと仕上げるために、2016年から商品開発と店舗オペレーションの改善に尽力してきたとしている。

吉野家の「から揚げ」の特徴は「肉厚大ぶりであること、牛丼同様に飽きのこない毎日でも食べたくなる味わいであること」としている。「から揚げ」の大きさについては、鶏肉卸売会社によると、中食・外食で提供される標準サイズと比較すると、1.5倍以上になるという。

調理法は、吉野家独自の特製たれを使用。大ぶりにカットした鶏もも肉を生姜を“たっぷり”と入れた特製たれに48時間漬け込み、下味をしっかりとつける。この鶏肉に、店舗で従業員がひとつずつ粉をつけ、高温の油で揚げて提供する。