結婚式やその二次会は、参加者がみな着飾っていて、とても魅力的に見えるものです。会場できれいな女の子を見かけて、ドキッとするような経験をしたことがある人は多いでしょう。そんなとき、どのように声をかけると印象が良いのでしょうか? 今回は「結婚式の二次会において、気になる女の子に声をかけるときの一言9パターン」をご紹介します。

【1】「式の最中から気になっていました」と素直に打ち明ける。

「意識していない間に見られていたことが嬉しい」(20代女性)というように、自分が魅力的に映っていたことを褒められると女の子はテンションが上がるようです。従って、素直な気持ちは堂々と伝えた方がよさそうですが、もし女の子が迷惑そうにした場合は、すぐに身を引くような気遣いも必要でしょう。


【2】「そのドレス、素敵ですね」と見た目を褒める。

結婚式に参加するため、気合を入れて選んだドレスを褒めることで、女の子のテンションは上がるようです。「キレイな方ですね」と女の子を直接褒めるのが苦手な男性は、ドレスやバッグなど女の子のファッションを褒めてみてはいかがでしょうか。


【3】「隣、いいですか?」と謙虚な口調で話しかける。

結婚式の二次会の会場において、女の子が一人でいるときに有効な一言です。女の子が退屈していた場合、喜ばれる可能性は十分あります。ただし、お酒の場とはいえ馴れ馴れしくすると気を悪くする女の子もいますので、あくまで謙虚な口調で話しかけるのが大人のマナーでしょう。


【4】「大丈夫ですか?  ちょっと疲れているように見えて…」と気遣いを見せる。

「こんな席で心配してもらえると嬉しくなる」(20代女性)という意見があるように、ちょっと疲労気味の女の子に有効な一言です。声をかける際、水やお茶など気分がスッキリする飲み物を持っていくと、さらに喜ばれるでしょう。


【5】「新郎新婦とはどういうご関係ですか?」と自然な内容で話しかける。

共通の話題を持ち出すことで、スムーズに会話を盛り上げるパターンです。「新婦との関係の質問から始まり、個人的な質問をされると嬉しい」(30代女性)というように、初対面でも会話をしやすい自然な流れを作ってあげると好印象のようです。


【6】「もしよかったら友達になってもらえませんか?」とストレートに聞く。

「『もしよかったら友達になってもらえませんか?』とストレートに言われたい」(20代女性)というように、結婚式で交友関係を広めたいと思っている女の子もいるようです。参加者は新郎新婦の知り合いなので、多少リラックスしながらハッキリ想いを伝えることが良い結果につながるでしょう。


【7】「新郎新婦、幸せそうですね?」と主役の二人を話題にする。

結婚式に感動し、結婚への憧れを強めている女の子に有効な一言です。女の子に話しかける際、理想の結婚式や結婚生活など夢を話題に、「恋バナ」をするような感覚で話し合えると盛り上がるでしょう。


【8】「今日はどちらからいらしたんですか?」と他愛のない話から入る。

個人的な話題を持ち出すことで、会話を盛り上げるパターンです。新郎新婦についての話題を一通り話した女の子にとっては、別の話題の方が興味深く感じることもあります。二次会の後半などで話しかける際には、出身地や職業など他愛のない話から入るのも効果的かもしれません。


【9】「さっきの余興、面白かったですね」とイベントの感想を話題にする。

盛り上がりやすい話題で話しかけるパターンです。出身地や職業などの個人的な話題から会話を盛り上げるのが苦手という人は、余興のようにいろいろツッコミどころが多くて笑いにつながりやすい話題を持ちかけるとよいでしょう。ただし、悪口やダメ出しにならないよう注意しましょう。


他に結婚式の二次会において、気になる女性に声をかけるときの一言はありますか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)