顔がすべてではないと言っても、自分が他人からどう思われているかは気になるもの。男性の「○○に似てるね」というセリフは、女性の心を大きく動かします。そこで今回は、オトメスゴレン女性読者へのアンケートを参考に「女性が激しく落ち込んだ『男性芸人なら○○似』」をご紹介します。

【1】流行の内巻きボブが激似「南海キャンディーズ山ちゃん」

「流行の髪型にしたつもりが、似ていると言われて大ショック」(20代女性)など、個性的な髪型をしている山ちゃんに、髪型のみ似てしまう女性は少なくないよう。ショックを与えてしまう可能性があるので、たとえそう思っても言わないのが優しさでしょう。


【2】目が大きい印象の強い「バナナマン日村」

「目が大きくて日村みたいと言われた…」(20代女性)と、落ち込む女性からの訴えが届きました。目が大きいのは女性のチャームポイントなので、「日村みたい」とたとえるのはやめたほうがいいでしょう。


【3】顔色が悪いところがそっくり「ドランクドラゴン鈴木」

「『なんかドランクドラゴンみたいに顔色が灰色』という発言に愕然」(20代女性)など、体調が悪いときに、トドメの一撃を加える一言になりそうです。女性をいたわるためにも、「大丈夫?顔色悪いよ」と心配だけにとどめたほうがいいでしょう。


【4】ナルシストキャラのせいで「狩野英孝」

「『狩野英孝ばりに自分好きだね』と言われてビックリ」(20代女性)というように、多少ナルシストの自覚がある人でも、悪い意味でドキッとするセリフのようです。さらに、狩野さんがあまりイケメンではないという事実も、ショックを与える原因かもしれません。


【5】うんちく好きだと言われがち「くりぃむしちゅー上田」

「『上田みたいに何でも知ってるね』とか言われても嬉しくない!!」(20代女性)という悲痛な叫びが届いています。彼の知性には一目置くものの、似ていると言われると複雑…というのが女性の本音でしょう。知性を褒めたいなら「池上さんみたい」など、文化人にたとえたほうがいいかもしれません。


【6】地味顔イメージが原因「オードリー若林」

「『なんか若林っぽいね』と言われて微妙な気持ちに…オーラがないってこと?」(20代女性)と、落ち込む女性多数。かわいらしい顔立ちですが、若林さんの顔は誰もが地味だと認めるところ。女性に似ていると言うのは失礼かもしれません。


【7】痩せ型体型がアダに…「アンガールズ山根」

「山根みたいにガリガリって…『痩せてるね』でよくない?」(20代女性)というクレーム多数。痩せている人を見るとつい彼を連想してしまうのかもしれませんが、「キモかわいい」と言われて喜ぶ女性はいません。「華奢だね」など、ストレートな褒め言葉に変えましょう。


【8】高めの声&テンションがポイント「楽しんご」

「楽しんごっぽいって複雑。オカマっぽいってこと?」(20代女性)と、モヤモヤする女性は多いよう。かわいらしい男性ですが、独特のキャラは好き嫌いの分かれるところです。「テンション高いよね」と言ったほうが、女性の機嫌を損ねる確率は低いでしょう。


【9】服装が女子っぽいせいで「はるな愛」

「『はるな愛みたいな格好してる』って言うけど、はるな愛が女子っぽいんだってば!」(20代女性)と、怒る女性もいるようです。いくら「ニューハーフ世界一」の美しさとはいえ、彼女(?)は男性。女性を複雑な気持ちにさせないためにも「女の子らしいね」とストレートに伝えたほうがいいでしょう。


ほかにも「こんな男性芸人にたとえて怒られた」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)