モテる男性は、普通の男性とは違う方法で女の子に接しているものですが、一体どんな接し方があるのでしょうか? そこで今回は、「女の子と話す友人を見て、『コイツ、やるな』と感心した瞬間」をご紹介します。

【1】「◯◯ちゃんは、人に教えるのが上手いもんね」など、他の人が気付かないような女の子の良いところを指摘していたとき

見た目ではなく、その子の知られざる特技だったり、意外な一面を指摘できると、同性に「コイツ、やるな」と思われるようです。好きな子を褒める前に、その子が他の人から指摘されたことがないような部分を褒めてみてはいかがでしょうか。


【2】「これからどこに行く?」と聞かれて、いくつかのお店の候補を即座に提案していたとき

デートプランをパッと提案できると、その引き出しの多さに同性から「コイツ、やるな」と思われるようです。普段からよく出かける街に関しては、周辺スポットの情報をたくさん仕入れておくといいでしょう。


【3】「さっき話した便利なサイトのアドレス送ってあげるよ。どこに連絡すればいい?」というように、メールアドレスをスマートに交換していたとき

「まったく警戒されずにアプローチのきっかけをつかむのはスゴい」(20代男性)というように、高いハードルとなる連絡先の交換を自然に行う男性は同性からの評価が高いようです。アドレス交換に関しては、趣味の話題などからモノの貸し借りの約束を取り付けると、聞き出しやすいのではないでしょうか。


【4】「あれ、少し髪形変えたよね?」など、女の子の小さな変化に気付いていたとき

「女の子が本当に嬉しそうにしていたから」(20代男性)というように、相手の喜ぶような小さな変化を見つけて、積極的に褒める男性は同性からも評価されるようです。普段の印象とどう違うのかを添えて褒めると、女の子により気持ちが伝わるのではないでしょうか。


【5】「あの映画、ちょっとセクシーすぎない(笑)?」などと、女の子と下ネタを楽しそうに話していたとき

女の子に気を使わせず、下ネタを楽しそうに話していると、同性から「コイツ、やるな」と思われるようです。女の子と下ネタを話す場合は、最初に「下ネタって苦手でしょ?ごめんね」などと前置きしておくと女の子も気持ちが軽くなり、話しやすくなるようです。


【6】見たことのないドラマの話に合わせて自然と話していたとき

「どんな話にもついていってるのがスゴい」(20代男性)というように、話題を選ばずに対応できる男性は同性から評価されるようです。女の子から知識のない話題を振られたときは、「へぇ、もっと教えて」などと自分から興味を示すとよいのではないでしょうか。


【7】会話中きょろきょろせずに、女の子の目を見て話していたとき

女の子と話しをする際、緊張せずにきちんと目を見て会話ができる男性は、同性の間でも評価が高いようです。緊張しないようにするには、相手の片方の目だけを見たり、鼻のあたりに視点を定めたりして会話するとよいそうです。


【8】「えっ!?うそ??」「それ、マジで!?」と、女の子が話すことに興味を持って、リアクションを返していたとき

「絶対自分にはできないことなのでスゴい」(20代男性)というように、女の子に分かりやすい態度でリアクションを返す男性を評価する人もいるようです。好意を示す言動は、多少大げさな方が女の子に伝わりやすいので、恥ずかしがらずにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


他に友人に対して「コイツ、やるな」と思った経験はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)