今年のクリスマスは何も予定なし!そう決まった瞬間に迫り来るのは、さびしさと世間への逆恨みかもしれません。ネガティブな感情にとらわれず、心穏やかにこの時期を過ごすには、どうしたらいいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「ぼっち男子必見!とりあえずクリスマスを忘れる方法」をご紹介します。

【1】神社仏閣にお参りし、年賀状でもしたためる

「和テイストに浸る。年賀状だってそろそろ締め切りだし」(20代男性)というように、クリスマスを微塵も感じられない異教のもとで過ごすパターンです。それでも雑念が湧いてしまう場合は、座禅会や写経会、滝行会といったイベントに参加するのも手でしょう。


【2】テレビやネットを見ず、ゲームに没頭する

「年末の大型タイトルを買ってひたすらプレイする」(10代男性)というように、メディアを遮断してゲームに興じるパターンです。ただしオンライン要素のあるゲームの場合、ほかのプレイヤーや運営からクリスマスに関するコメントを食らうこともあるので注意が必要かもしれません。


【3】外出中はノイズキャンセリングヘッドホンで遮音する

「クリスマスソングやクリスマスキャンペーンの案内を聞かずに済む」(20代男性)というように、お出かけの際はすべての音声をシャットアウトするパターンです。もっとも視覚から広告やイルミネーションが入ってきてしまうので、なるべくなら出かけないほうがよいでしょう。


【4】ジムやプールでトレーニングに励む

「特にプールはこの時期だと空いてるし、孤独に浸れる」(20代男性)というように、クリスマスに世間が浮かれているうちに自己鍛錬を積むパターンです。受付やインストラクターのかわいお姉さんもクリスマスなのに仕事していることを思えば励みになるでしょう。


【5】青春18きっぷで遠い町を目指す

「なんとなく北を目指して、雪に閉ざされた温泉宿なんかに泊まりたい」(20代男性)というように、青春18きっぷで一人旅に出かけるパターンです。雪を眺めているとホワイトクリスマスを想起してしまう場合は、逆に南を目指すのもアリでしょう。


【6】バイクでツーリングに出かける

「バイクの運転中はSNSもできないので余計な情報が入らない」(20代男性)というように、オートバイでクリスマスを駆け抜けるパターンです。休憩するたびになんとなくスマホを確認してしまう癖がある人は、自宅に置いて行くのもよいでしょう。


【7】いっそのこと南の島へビューンと飛んでしまう

「常夏の国ならクリスマスはあんまり意識しなくていいかも」(20代男性)というように、おおよそクリスマスのイメージとはかけ離れた南国へ旅するパターンです。とはいえ赤道付近や南半球でもしっかりクリスマスは祝われているので完全に逃れることはできないかもしれません。


【8】クリスマスと関係のないアルバイトを入れる

「倉庫とか工場みたいな殺伐とした環境で作業するのがいい」(20代男性)というように、製造業などクリスマス要素がまるでないバイトに明け暮れるパターンです。ただし疲れた身にクリスマスムードを食らうとダメージが大きいので、バイトへの行き帰りは特に注意したいものです。


【9】わざと風邪をひいて12月26日まで寝込む

「誰も見舞いになんて来ないし、孤独で死んでしまいそうになりますけどね」(20代男性)というように、クリスマス明けまで意識を失ってしまうパターンです。クリスマス前に仕事や遊びで多少無茶をするのがポイントと言えるかもしれません。


こうした努力の甲斐もなくクリスマスは不意に襲いかかってきます。そんなときでも平静を保てるよう、クリスマスを意識し過ぎないことが肝要かもしれません。(熊山 准)